どうもこんにちは、レイナです。

私はデスクワークをしているので
だんだんと気温が低くなってくると
暖房つけてても足が寒くて
仕事に集中できなくなるのが悩みでした。
 

そんな時に
足元だけ暖められるヒーターがあることを知って
調べていたんですが、
ヒーターって 結構いっぱい種類があるんですよね。。

 
特に最初調べて迷ったのが
ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの違い。
 

見た目全く一緒なのに何が違うの??と
戸惑いました。

 
私は調べた結果、
カーボンヒーターを買いましたが、
私のようにどっちか迷ってる人向けに
ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの違いを
比較していこうと思います。

 

ハロゲンヒーターとハロゲンヒーターの違いは「発熱体」


比較するためにまず
ハロゲンヒーターとカーボンヒーターが
どんなヒーターなのかお話ししていきますね。

 

石油ストーブやガスファンヒーターは
火を燃やして、その熱を放出するのに対して
ハロゲンヒーターとカーボンヒーターは
火を燃やさず、電気で発熱して放出するヒーターです。

 

ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの違いは
発熱する元となる「発熱体」の違いです。

 

ハロゲンヒーターは
その名の通りハロゲンという発熱体を使います。


ヒーターには
ニクロム線入りハロゲンランプが入っていて
このニクロム線に電気を流すと発熱して光ります。

 

だからハロゲンヒーターはライトみたいに
ピカピカと光ってるんですね。

 

そして近赤外線と遠赤外線が発生します。
この赤外線の発生で暖かさを感じます。

 

一方のカーボンヒーターの発熱体は
カーボンと呼ばれる炭素繊維の化合物です。

 

炭素繊維に電気を通して発熱させるので
仕組みはハロゲンヒーターと同じです。

 

カーボンヒーターは遠赤外線が発生し、
その放出量はハロゲンヒーターの2倍です。

 

まとめると

ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの違いは
発熱する元の「発熱体」の違いで、

 
ハロゲンヒーターの発熱体はハロゲン、
カーボンヒーターの発熱体は炭素繊維です。


ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの電気代、寿命などを比較!

 

では、発熱体が違うと
具体的にどんな違いが出てくるのか?ってのが
気になりますよね。


なのでここからは
・暖まり方
・電気代
・寿命
・安全性
を比較してきますね。

 

ハロゲンヒーターとカーボンヒーターでの暖まり方の違い

ハロゲンヒーターとカーボンヒーターって
どっちが暖かいの?ってのが
私は買うときに1番気になりました。

 

結論から言うと
暖かさはハロゲンヒーターより
カーボンヒーターの方が暖かい
です。

 

どちらもスイッチを入れるとすぐ暖まる
速暖性に優れていますが
体感的にはカーボンの方が暖かく感じるはずです。

 
なぜなら、
カーボンヒーターはハロゲンヒーターの2倍
遠赤外線を放出
します。

 
遠赤外線は体の芯まで温めてくれて
しかも冷めにくいという性質があります。

 

なので同じ300Wだったとしても
ハロゲンヒーターよりカーボンヒーターの方が
暖かく感じます。

 

私は400Wと800Wが選べるタイプの
カーボンヒーターを使ってるんですけど、
400Wで十分あったかいので
800Wを使うことはほとんどありません。

 

ハロゲンヒーターもカーボンヒーターも
部屋全体を温めるほどの暖房性はないので
部屋の一部を部分的に暖めるのに使うヒーターですが、
カーボンヒーターはずっとつけてると
ほんのり部屋が暖かくなるくらい
暖房性が高いです。

 

私の家はマンションで気密性が高いのと
ヒーターを使ってる部屋が6畳と狭いこともありますが、
カーボンヒーターを400wで4時間くらいつけてると
部屋が良い感じに温かくなります。


ポカポカに温まるわけでもなく
寒くもなくって感じで
仕事するにはちょうどいい温度になるので
すごく重宝してます。


暖かすぎると眠くなっちゃいますからね。苦笑
 

ハロゲンヒーターとカーボンヒーター、電気代が安いのは・・・

お金 次に気になるのが電気代。


デスクワークだったり、
家でまったりしてるときに付けるとかだと
だいたい1日3、4時間はつけたいって人が
多いんじゃないかと思います。


私は1日平均して6時間ほど使います。
 

で、どっちが安いか?っていうと
カーボンヒーターの方が安いです。

 

カーボンヒーターはハロゲンヒーターに比べて

効率よく温まるので少ないワット数でも温まります。

 

約半分でOKです。

 

なのでハロゲンヒーター使うより

消費電力が少なく済むんです。

 

具体的な例を挙げてみますね。

 

例えば

1000wのハロゲンヒーターを1時間つけるとすると

だいたい1時間の電気代は26円。

(1kWあたり26円で計算した場合)

 

一日4時間、1ケ月(31日間)使ったとしたら

26円×4時間×31日=3224円です。

 

それに対してカーボンヒーターだと

同じくらい暖めるのに必要なワット数は500Wです。

 

なので1時間当たりだと13円。

同じ条件で計算しても1612円で済みます。

 

冬場はガス代も電気代もかかって出費が重なる時期。

ランニングコストが少ない方が助かりますよね。

 

なので

電気代の面ではカーボンヒーターがお得です。

 

ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの寿命の違い

どうせ使うなら長持ちするほうがいい!
 

ということで

カーボンヒーターとハロゲンヒーター

どっちが寿命が長いの?

 

結論は・・・

カーボンヒーターの方が寿命が長いです。

 

ハロゲンヒーターの寿命は

3000~5000時間と言われていて、

実際はその前に壊れることが多いんだとか・・・。

 

一方のカーボンヒーターは

5000~7000時間です。

 

ここでもカーボンヒーターに軍配が上がりました。笑

 

ハロゲンヒーターとカーボンヒーターに安全性の違いはない。

 

安全性では

どちらも大して変わらないかと思います。

 

ハロゲンヒーターもカーボンヒーターも

火を使わない分、安全性は高いです。

 

ただどちらもガラス管なので

衝撃には弱いです。

 

ハロゲンヒーターやカーボンヒーターは

縦長のタイプが多いし軽いので、

横を通過するときにちょっとぶつかると

グワングワンと揺れて倒しそうになることがあります。。

 

倒して火事になったら怖い!!って心配な人は

転倒したとき、スイッチがオフになる機能がついているものがあるので、それを選ぶのがいいかも。

 

あと

ガラス管が割れて怪我するかもしれない・・・って心配な人は

ガラス管の部分が金属で作られている

シーズーヒーターというのもあります。

 

暖房効率はカーボンヒーターと同じなので

こっちの方が破損の心配がなく

安心して使えますよ。

※でもカーボンヒーターより高いです。

 

ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの違いまとめ
 

ハロゲンヒーターとカーボンヒーターを比較して

わかったのは・・・

 

・暖かいのはハロゲンヒーターよりカーボンヒーター

・ハロゲンヒーターはカーボンヒーターより電気代が高い

・寿命もカーボンヒーターのが長い

・安全面ではどっちも同じ

 

という結果になりました。

 

この結果を知って

私はカーボンヒーターを買いました。

 

いつも冬にデスクワークしてると

足が冷たいせいで全然仕事に集中できなかったのに

ヒーター買ったおかげで

冷たさを感じることなく仕事できるようになりました。

 

ほんと買ってよかったと思ってます。

 

足元用のヒーターであれば

比較的安く買えるので足の冷たさで悩む人は

導入することをおすすめします。

 

 

 

Sponsored Links