ショートパンツ、アラサーは卒業?!私が考えるボーダーラインとは??

ショートパンツ1

アラサーになるとだんだん着たいものも着れなくなる・・・。

そんな窮屈なことを感じている方、結構いらっしゃると思います。

若いころはなんでも着れたのに、が口癖になったり若い世代向けのショップに入りづらくなったり・・・。

本当にささいなことで「私も年を取ったな・・・」って思いがちですよね。

私もアラサーとなって、さすがにギャルショップは抵抗を感じるようになってきました。

でも、ウインドーショッピングをしていてディスプレイを見てるとこういう服、着たいなあって結構思うんですよね。

年なんて関係なく、思い切って入ってみようか?

試着してみようかな?など。

その代表的な存在がショートパンツだと思います。

若いころ、なんていうとおばさんぽくなってしまいますが何の抵抗もなく着ていたショートパンツ。

今ではかなり人目を気にしなければならないアイテムになってしまいました。

悲しいことです。

私も出かける予定のない日などは生足にショートパンツ履いたりしますが、もう外には何年も履いていっていない気がします・・・。

難しいですよね。

年齢もそうですが、スタイルや肌のきめ細やかさなどもだんだんとコンプレックスになってくるので気になりますし・・・。

ということで、アラサー女子の敵?味方?ショートパンツの着こなしについて考えたいと思います。

人の目なんか気にせず、着たいものを着る!が信条ですがそうも言っていられないのが、体の線と周りの目。

アラサーのショートパンツ事情について考えていきましょう。

否定も肯定もしない、アラサー女子のショートパンツ

私は一概に「アラサーだからってショートパンツを着るな!」とは絶対に言いません。

アラサーでもきれいに着こなしている人はいるし、全然無理なアイテムでもないと思っています。

でも、時々自問自答してしまいますよね。

これって若作り・・・?

イタイって思われてるのかな?

正直、それはあなたの雰囲気だと思います。

ショートパンツに限らず、自分のイメージや雰囲気にあっていないものを着ている方を見るとどうしてもちぐはぐなイメージに見えますし、若い子から見れば「イタイ」のかもしれません。

トップスも流行りの若い感じで、ヘアスタイルもいまどき。

化粧もそんなに頑張ってなくても自然にいられるなら、全然ショートパンツもありだと私は思います。

逆に足を見せるのをごまかして黒タイツ(だいたい浮いて見えます)、レギンス(時代遅れ)を履くなら私はショートパンツはやめた方がいいと思いますね。

思い切って生足勝負!隣に立つ人が恥ずかしいと思わない自分の雰囲気にあってる!と思われるならどんどん履いていいと思います。

「イタイ」のは自分の雰囲気にあっていないこと。

自分をわかっていないことだと思います。

自分がわかっているうえで自分の似合う服を着ていれば全然問題ないわけですし、周りもそんな目では見ません。

アラサーのショートパンツ=イタイ、では絶対ありませんし自分からその雰囲気を発信していくのも絶対いいと思うのでまずは「自分のイメージを「ショートパンツが似合う人」に徐々に切り替えていけるといいですね!

ショートパンツが似合う雰囲気づくりとは?

一昔前であったらば、簡単にイメージできた「ショートパンツ=ギャル」。

いわゆる渋谷系。

髪も明るく、肌も黒くメイクは濃く・・・厚底サンダルにデニムのショーパン。

でもそれはもはや古い遠い昔の話ですし今そんな人は渋谷に居ません。

ショートパンツも若い子なら必ず持っているという神話もないですし最近はワイドパンツの流行りもうけて中学生くらいの子のイメージです。

なので、アラサーになってもショートパンツが着たい!と思うと雰囲気づくりが結構大事になってきますね。

ショートパンツを履いても許される存在である・・・が第一条件な気がします。

例えば足に自信があるとする。

それはもう絶対履くべきです!

足は天下の回りもの。それが自慢の長さときれいさならば迷わず履いてください。

それは天が与えた「あなたの雰囲気」です。

あえてストッキングなども履かず生足でチャレンジしてほしい!

周りも絶対「イタイ」なんて目線で見ないはず。

あと自信がなくても大丈夫だと私が個人的に思うのは「いかに自分をわかっているか」だと思うんです。

身長が低くてもショートパンツをきれいに着ている女の子はたくさんいますし、失敗しないのはそのショートパンツを買ったブランドで全部そろえる!

トップスからシューズまでそろえると、統一感が生まれます。

そしてそのブランドイメージの雰囲気と一体化し、「着回し」ではなくなることが前提になってしまいますが雰囲気は崩れません。

この「ワンブランドで全部そろえる」は自分のキャラクターともかなり強い引き出しになるのでショートパンツが売っているお店をくまなく見るのも方法のひとつです!

大事なのは「素材」!デニムだけがショートパンツではない

ショートパンツ2

勘違いしがちなのが、「ショートパンツ=デニム」という方程式。

これはかなりのマイナスポイントです!

確かにデニムのショートパンツは履きやすく合わせやすい万能アイテム。

でもカジュアルの一線は越えられないものをもっています。

逆にコットンだったら?

ポリエステルだったら?

可能性は無限になってきますね!

コットンだとカジュアルだけどきれいめにも着れたり、ポリエステルだったらするするっとはけてオトナっぽくアラサーにも着れる上品さもプラスされたり。

服のひとつのジャンルでも、生地で全然違う印象になるからファッションは面白いのです。

自分に合った生地のショートパンツを探すのも楽しいですよ!

そして、それがアラサーのファッションの楽しみ方だと思います♪

まとめ

  • アラサーのショートパンツに大事なのは雰囲気
  • 失敗ないのは「ワンブランドで統一」雰囲気づくりのプロに
  • デニムだけがショートパンツの生地ではない!自分に合ったショートパンツを探して

女子なら「この服着たい!」の気持ちは大切にしたいですよね。

それが許されるのは若い子だけ・・・はあまりにもったいないです。

雰囲気、それは「隣で歩く人に「恥ずかしい」と思わせない」というハードルで考えてみると意外と簡単にクリアできるかもしれません。

その程度で大丈夫なんです。

私たちはファッションを愛する女子に生まれたのですから、それをやめる必要はありません。

「恋せよ乙女」、ならぬ「おしゃれせよ乙女」!です!

Sponsored Links

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ