キッチンセットを簡単にDIYするために知っておきたい2つの材料

キッチンセット1

子どもならみんな大好き「おままごと」

せっかくならぬくもりの木製のものをあるものを用意してあげたいな~とお考えのママも多いのでは?

でも、木製のキッチンって結構良いお値段がするんですよね…

そんな方にお勧めなのがお手製木製キッチン!

お手頃価格で手に入る「アレ」と「アレ」を使えば、誰でも簡単に作ることが出来るんです。

面倒な設計図も不要!なのに丈夫!

我が家でもこのキッチンセットを使っているのですが、子どもがバンバン使ってもビクともしない!

これって実は子どものおもちゃ選びの時に重要なポイントですよね。

そんな良いコトづくしのオリジナルキッチンセットを作ってみませんか?

材料その1:魔法の箱、カラーボックス

キッチンセット2

「アレ」の正体、それはズバリ、カラーボックス!ホームセンターや通販サイトで1個1,000円程度で購入することが出来ます。

強度もあるので、万が一お子様が上に乗ってしまったとしても簡単には壊れません。

小ぶりなサイズのキッチンセットを作る場合には1段のものを、少し幅広のものを作る場合には2段のものを横にして使いましょう。

いずれも高さも45センチ程度ですので、つかまり立ちや歩き始めたばかりの小さなお子様でも使うことが出来るサイズです。

(ただし、小さなお子様が使用する場合には、必ず角などにクッション材を貼るなどして、万が一転倒した場合に備えましょう)

材料その2:万能板、ベニヤ

キッチンセット3

もう1つの「アレ」はベニヤ板。

様々な厚みのベニヤ板が売られていますが、強度や飾り棚などをつけることを考えたりすると、9mm~12mm程度の厚みのものがオススメです。

カラーボックスのサイズに応じて、下記のようにホームセンターでカットしてもらいましょう。

キッチンセット6

板のカットは、店舗にもよりますが1カット50円程度で出来ます。

ここで余談ですが…木材のカットはホームセンターのカットサービスを使うことを激しくお勧めします!

なぜなら

 「正確に、かつ、スピーディーにカットしてもらえるから」

です。

DIY、特に家具のようにカットに正確さを求める物を作る際には、特に使った方が良いです。

もちろん、ご自身で電動ノコギリや手動のノコギリで切っていただいても構いませんが、慣れるまではかなりの時間と労力を要します…

1カット50円程度で正確さとスピードを得られるならば…

ということで、私はいつもこちらのサービスを利用しています。

まだ使ったことがないわ!という方は是非、一度利用してみてくださいね。

ハンドメイドでお部屋をオシャレに!記事はこちら!
ハンドメイドで部屋をステキにするには? 3つのポイントをご紹介!

合体させたら、はい、完成!

キッチンセット4

図のように、カラーボックスの背面とベニヤ板をくっつけるだけです。

キッチンセット7

ネジや釘打ちが出来る場合にはそれらを使った方が良いですが、ボンドでベタっと貼り付けるだけでも大丈夫です。

ただし、この場合には完全に乾くまでは触らないように注意しましょう。

自由にデコレーション!

キッチンセット5

好きな色に塗ってみたり、100円ショップに売っている棚やボックスをつけてみたり、カラーボックスに扉をつけてみたり…

自由にデザインしてみてください!

お子様と一緒にペイントしてみるのも楽しいかもしれませんね!

ちなみに…

カラーボックスの上から直接水性塗料を塗っても色のノリが悪い場合があります。

そういう時には下地剤を使用すると良いです。

株式会社染めQテクノロジィというところが出している「ミッチャクロン」という下地剤は、スプレータイプもあり、取扱やすいと思います。

ホームセンターや通販サイトで手に入りますので、是非使ってみてくださいね。

驚くほど簡単、なのに丈夫!

キッチンセットをDIYするには

  1. カラーボックス
  2. ベニヤ板

この2つがあれば、丈夫で安定感のあるものが作れます。

シンプルな作りだからこそ、自由にデコレーション出来るのも魅力の一つです。

木製フォトフレームをアレンジしてインテリアに!記事はこちら
知らなかった!木製フォトフレームでどんなお部屋もおしゃれになっちゃう!

Sponsored Links

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ