リメイクシートを使って壁紙をイメチェンできる? その方法をご紹介!

リメイクシート壁1

お部屋のイメージは壁紙一つでガラリと変わりますよね。

「でも、壁紙を張り替えるためには、業者に頼んで見積りを依頼して・・なんだかめんどう・・それにお金もかかりそう・・」

そんな風に考えている人はいませんか?

そんな方に朗報です!

家の壁紙は自分で簡単に張り替えられるのです!

壁紙を変えるだけで気分も、そして暮らし方までステキに変化しちゃいますよね!

「そろそろ壁紙変えたいな・・」そうお考えの方の参考になれたら嬉しいです!

壁紙の種類を知ろう!

壁紙には色々な種類があるということは、みなさんもよくご存知かと思います。

柄には、花柄や木目調、レンガ調などいろいろなものがありますが、ここでは、壁紙の裏面に着目したいと思います。

なので、柄選びはもう少し我慢です。

裏面にノリを付けて貼るタイプのものや、シールを剝がしてすぐに貼れるタイプのもの、何度も貼り直せるタイプのものなどがあります。

そのため、「自分で壁紙を張り替えたい!」そう考えている方は、自分でも張り替えができそうなタイプの壁紙を選ぶことが大切ですね。

ステキな柄の壁紙を見つけて「絶対この壁紙にする!」そう決心したものの、

「簡単に貼れるリメイクシートじゃなかったから無理・・」

そうならないためにも、壁紙の裏面にも着目しましょうね。

ウォールシールでもイメチェンが可能!!記事はこちら
ウォールシールで壁紙をイメチェン!!私がやってみた3つをご紹介!

インテリアバランスを考え、好きな柄を探そう!

家具や、その空間のイメージに合った壁紙を選びましょう。

ナチュラルなイメージ?それとも華やかなイメージ?

飾られているお気に入りの雑貨にも合う壁紙を選びたいですね。

初心者でも簡単に張り替えできるものは「リメイクシート」といわれる壁紙です。

リメイクシートは、ホームセンターや、100均にも売っています。

インターネットでもカワイイものがたくさんあるようです。

ヴィンテージの壁紙や、異国を感じさせるものなどその種類は豊富です。

サイズは30×30というものもあるので、色々な柄を組み合わせてオリジナルな壁紙にすることも可能ですね。

サイズが小さいので、貼るのも簡単です!

板壁風のものもあるので、「板壁に憧れていた!」という人にも朗報です。

このように、壁紙のイメチェンが簡単にできちゃうのです。

リメイクシート壁2

中でも、最も人気があるのが、レンガ調や木目調のリメイクシートのようですね。

どんなタイプのオウチにも合うからかもしれません。

そして、レンガや木目は暖かい雰囲気も演出してくれますよね。

100均にはレンガ調と木目調のリメイクシートが売られていますが「これを使ってイメチェンした!」という例が、ネット上では数え切れないほどあるのです。(私もその一人です。)

実は・・・我が家の玄関の壁には、子供が幼かった頃、転倒防止のために取り付けた網戸の金具の跡が残っていたのです。

そして、台所の壁紙も、ゴミ箱の開け閉め時に付いた傷と汚れが広範囲に及んでいました。

そんな時、捜し求めていたレンガ調のリメイクシートを100均で発見!

正直、100円なので粘着力は期待していませんでした。

しかし!驚きです。ホームセンターで購入した玄関のレンガ調リメイクシートと、100均のリメイクシートの粘着力に大きな差はありませんでした。

もちろん、今でもしっかりきれいに貼り付いていますよ~。

でも、心配な方はこちらを参考にしてみてくださいね。

リメイクシートで壁紙をイメチェンのまとめ

1.どんな壁紙なら自分でも貼れるか、イメージしよう!
2.インテリアに合う柄はどんなものか壁紙をピックアップ!
3.簡単なリメイクシートなら、張り替えのアドバイスは不要ですね。

買ってきてそのまま貼って終わりの場合は問題ありませんが、スペースによっては、少しカットする必要がある場合もあります。

そんな時、やりがちなのが採寸間違えです。

それでも貼り合わせてしまえば、意外とバレないものですが、キレイにカットできていれば、ごまかしの手間も省けますよね。
 
※採寸だけは慎重にやりましょうね。(失敗経験者より)
※そして、貼りたいスペースに必要な量だけ購入するようにしましょう。

窓をオシャレにしてお部屋を洋風に!記事はこちら
窓を洋風にするにはどうしたら良い? 簡単にできる例を2つご紹介!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ