リースを結婚式用に手作りするには?実はプロ並みに簡単に作れる!

結婚式・リース1 

「結婚式用リースっていったいどんなものだろう・・」そう思った人もいるでしょう。

最近の結婚式では、式場の入り口にセットされたウェルカムボードに自分たちの写真を飾るケースや、こだわりのアイテムを飾るケースが多くなってきているようですね。

そしてウエルカムリースを目にすることも多々あります。

リースの歴史をさかのぼると、「幸せを呼ぶ飾り」として親しまれていたという事実があります。

そのため、リースは結婚式にふさわしい飾りだといえるのです。そんなリースを手作りして迎える結婚式、ステキだと思いませんか?

結婚式にハンドメイドリースをプレゼント

ウエルカムリースだけでなく、結婚したお友達に、とびきりステキなハンドメイドリースをプレゼントするのもステキですね。

新居に幸せを呼び込む飾りとして自分が作ったリースが飾られるなんて、プレゼントした自分も幸せをお裾分けしてもらったような気分になれます。

この時、大切なのは「ハッピーな気持ちで作ること」です。

「幸せに・・」という思いを込めたリースにするためには、自分がハッピーな気持ちで作る必要がありますね。 ゆったりとした気持ちで作ったリースは幸せのパワーが一杯です。

どんなリースが相応しい?

結婚式・リース2

結婚式用なら、どんなリースがふさわしいのだろう・・?

そう悩まれる方もいることでしょう。

悩んだときは手芸店に行ってみることをおススメします。

そこにはたくさんのリボンがあるはずです。

中でもオーガンジーのリボンは華やかな結婚式にお似合いです。

お友達(または自分)の好きな色を探し、リボンの太さを選びます。

パープル・ピンク・ホワイト・ブルーなどからお友達(または自分)のイメージにピッタリのリボンを選びましょう。

リボンを選んだら、なんとなく作りたいリースがイメージできてくるはず・・

メイン材料は?

バラの花束

結婚式用なので、生花を使いたいところですが、それだと枯れてしまいます・・

そこで、おススメなのが「プリザーブドフラワー」です。

プリザーブドフラワーは、「枯れないお花」・・これまた結婚祝いに相応しく縁起の良いお花なのです。

「愛も枯れませんように・・」という思いがこもっており、まさしくお守りのようなものです。

プリザーブドフラワーは、液体と生花を購入して自分でも簡単に作ることができますが、一番簡単なのは完成しているプリザーブドフラワーを購入することでしょう。

インターネットで好きなお花を好きな量だけ購入することができます。 枯れない分、「値段はちょっと高め・・・」と感じるかもしれませんが、色鮮やかさが長く楽しめるため、ドライフラワーよりはおススメです。

飾り付けタイム

素材が豪華なので、飾り付けは簡単です。

なぜならば、プリザーブドフラワーを並べるだけでステキになってしまうからです。

赤・青・白・ピンクなどのプリザーブドフラワーを土台の上に置いてみます。

土台ですが、大きめにしたければ、ホームセンターに売っているスタイルホームがおススメです。

丸いお皿を型にして切り抜き、好みの色でスプレーするか、手芸用のテープをグルグル巻いて土台を作ります。

飾り付けが「プリザーブドフラワーとオーガンジーのリボンだけじゃ物足りない!」という人は、シナモンやコルクを足してみるのもオシャレですよ。

まとめ

1、結婚式のウエルカムリース・または結婚する友達に贈るリースのプランを立てよう!

2、材料集め   華やかなリボン・お花が必須アイテム

3、土台作り  大きさはお皿を使って自由自在!

4、飾り付け   幸せな気持ちで作るだけ

こんな感じで、結婚式用リース作りの楽しさをご紹介してみました。

結婚式に、オリジナルなハッピーリースはいかがですか?

贈るも良し、飾るも良しですよ!

注意※お花が足りなくなったりしないように、多めに購入しておくと良いでしょうね。

 余った場合も、プリザーブドフラワーならコーヒーカップに飾るなどして楽しめますよ。

100均一を使って可愛いリースも作れちゃう!作り方はこちら・・・

リースを100均の商品で作れる? 商品選びのポイントをご紹介!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ