サンダルがずれて辛い・・・。販売員の私がずれの解決法をご紹介!!

靴擦れ防止1

そろそろサンダルが出そろい始めましたね。

各ブランドから定番人気のベルトサンダルから女子の憧れキラキラミュールまでまだまだたくさんのサンダル、ミュールが出てくるそうです☆

ペディキュアもしっかり塗って、女の子の夏を満喫しましょうね!

しかしその一方で悩みなのがショッピングで歩き回る女の子にありがちな悩み、「サンダルの靴擦れ」。

足の悩みは人それぞれで、「甲が高い」「幅が広い」「めっちゃ大きい」「小さくてカパカパしちゃう」などなど・・・。

私も店頭に立っていて、サンダルを試し履きされている方に悩みを聞くとお客様の数だけの悩みが聞こえてきます。

と、いう私もつま先が広がっていて先がとんがっているサンダルはほとんどNG。

流行りのつまさきが三角のセパレートサンダルはほぼ痛くなる・・・。

でも可愛いから・・・買うんですよ!可愛いには勝てないんです。

そうしてなんとか自分を誤魔化して履いていると・・・。

そうなんです!靴擦れの発生です。

そんなサンダルの「ずれ」は私だけの悩みじゃないはず。

と、思っていろいろ調べてみました。

女の子ならあるあるの「サンダルのずれ」、やはりそこは悩み解決したいエキスパート女子の巣窟でした・・・。

せっかくならデザインのことだけ考えて夏のおしゃれを楽しみたいですよね!

この夏、サンダルの靴擦れについてとことん考えてみようと思います。

やっぱり一番は「慣れ」!おしゃれは我慢でとにかく履く

店頭で可愛いサンダル発見!

さあ履いてみると「あれ??これ靴擦れできるパターンかも・・・」

そんな経験だいたいの女子は体験しているのではないでしょうか。

悲しいことにだいたいわかりますよね、自分の足の形とサンダルが合っていない、という現実・・・。

ヒールの高いミュールやサンダルを履く女優さんや人気タレントさんでも悩みは同じようです。

テレビや舞台ではきれいに履いててあこがれの存在ですが、出番が終わったとたんばったり倒れることもあるとか。

そこまで我慢して履くこともない、といわれればそれまでですがある程度の痛みやずれなどは人類みな共通。

特にデザイン重視のおのであればそのデメリットは強い傾向があるような・・・。

でも女の子は「なにより大事なのは見た目」でありたい!

ちょっと我慢するだけで可愛くなるならとことん頑張る!

そういう女性でありたいしそうする努力が必要だと私は思ったりもするんです!

私やってみました!「慣れ」とは「女子力アップ」!!

私、セパレートサンダルはほぼあきらめの境地なのですが一足だけ履けるものがあります。

某ブランドさんのもので、「これは絶対履く!!」という強い決意のもと購入した「決意のサンダル」です。

それを履くためにしたこと・・・それは、「一日中履く」!

まず外で履く前に家の中でずーっと履いていました。

最初は痛みもずれも結構大変でしたが、これは結構な訓練になります。

家の中の階段、段差などスリッパでは簡単な足上げも履きなれていないサンダルだと結構つらいものなんですよね。

でも、その練習の積み重ねとなんといっても「慣れ」で外の階段も駆け上がれるほどになりました!

あのオシャレ漫画家の安野モヨコ先生も部屋の中ではずっとピンヒールだとか。
(「おしゃれ画報」より)

そうやって女子力って上がっていくんですね・・・!

コツは、我慢できないレベルになったら一度脱いで休憩すること。

ちょっと時間を置いてまた履くとだんだん履ける時間が長くなり自然と平気になっていきます。

でも我慢しすぎると頭が痛くなったり、歩けない状態にあっては元の子もありません。

おしゃれは我慢、我慢は女子力ですがやりすぎは注意ですよ。

どうしても我慢できない!!て人はバブーシュがおすすめ!記事はこちら
バブーシュの夏!可愛くて楽ちん☆今年の足元はこれで決まり♪

おしゃれサンダルで実用性。ちょっと観察してみよう

靴擦れ防止2

やりすぎは体を壊しますしずれで生活に支障をきたすのはもってのほかです!

「見た目が一番」「可愛いが一番」ですがそこはちょっと置いておいて、可愛くて実用性のある、歩きやすい「サンダル」を見つけるのも女子力の目です!

そこで私がデザイン以外で重視しているのは「底のクッション」。

ただの固い一枚の底だと、たいてい我慢できないほど痛くなるもの。

ちょっと厚みがあって、何枚か布が重なっているのが歩きやすいんです。

ぺったんこサンダルでも布が重なっていると数段歩きやすいですよ。

時々痛みがない!という神サンダルにも出会えるので底は要チェックですね。

私もつま先が広がっているとは上記述べていますが、その上つま先が上に上がっています。オープントゥだったら問題なし。

こういう「自分の足の弱点」をちゃんと念頭に置いてデザインを選んで自分に合ったサンダルを見つけるのも女子力のひとつではないでしょうか。

直接「サンダルのずれ」の解決になってない!と思われるかもしれませんが、履き慣れ、自分の弱点を知る、これだけでもかなりのずれ防止です。

まとめ

  1. とことん履いて、時々休んでまた履いてみる!慣れの先はハッピーサンダルライフ
  2. サンダルのずれは女子力のあかし!目指せ、いい女!
  3. 自分の足の弱点を知り、靴を選ぶのも大切。それがずれ防止

楽しい夏を運んでくれるのは楽しい足元、サンダルから。

健康に履いて、笑って女子力アップさせながらサンダルのずれに対処していきましょう!

くれぐれもやりすぎには注意してくださいネ。

今年はレースアップシューズに注目!記事はこちら
レースアップシューズを着こなし! 春の足元はクールにガーリーに

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ