ママ友との上手な付き合い方って??気を付けるべき2つのこととは??

ママ友1

子供が生まれて広がる人間関係の中でママ友との出会いはとても大きい出会いではないでしょうか。

自分と同じように子育てに悩むママ同士のおしゃべりで気持ちが軽くなったり時には子育てのアドバイスをもらって育児が少し楽になったりもっと楽しくなったりしませんか。

一方で、ママ友とどのくらい親しく関係を作っていけばいいのか悩んでしまうこともあります。

初めてのママ友作りで焦らないためにおさえたいママ達の気持ちや上手に付き合っていく方法をご紹介します。

ママ友はママ&子供のペアのお付き合いです

ママ友2

ママ達が初めて顔を合わすのは地域のコミュニティ広場が多いのではないでしょうか。

私も初めはコミュニティ広場でした。

そのコミュニティには月齢がばらばらの赤ちゃんを持つママ達が集まってみんなで子育てについてお話しする集まりでした。

私は子育てが始まってから赤ちゃんと二人で家で過ごす時間がほとんどだったので久しぶりに人の集まる場所に参加することにとても緊張しました。

でも私以上に赤ちゃんの方がわけもわからず連れてこられているから緊張もすごかったと思います。

実際初日は床に降りることなくずっと抱っこしていました(床におろそうとすると泣いてしまう)

私はこの日ママ達と上手にコミュニケーションとることにいっぱいになっていたけど一番大切な我が子の気持ちをくみとってあげられず反省しました。

実際に赤ちゃんがぐずるとママ同士話を続けることは難しいのもです。

逆に機嫌よくしていてくれるとママ同士たくさんお話ができます。

友達づくりはついついママが頑張っちゃいますが子供あってのママ友付き合いになるので特に初めのころは子供のご機嫌を見てあげることがやっぱり一番大切ですね。

意外と同じような悩みをかかえているママ達は多い

ママ友3

コミュニティ広場に参加するようになってすぐにママ友ができたかというと「いいえ」です。

初めの3カ月は隣のママとお話しするくらいでしばらくは赤ちゃんと2人で帰っていました。

帰り時に仲良しグループのママ同士が玄関付近でお話している横を通って赤ちゃんと二人で帰るのは少しさみしい時もありましたが、私もそのうち気の合うママ友ができるからと言い聞かせて帰っていました(笑)

そんな考えを持っていた時に何度かお話する内に仲良くなったママとたまたま帰るタイミングが合って一緒に帰る事になりました。

帰りのお話ではコミュニティ広場内では話さなかったママ友作りの話でした(笑)

ダイレクトに「ママ友欲しいよね」とか「ママ友になろうよ」ではなかったけれどお互いにママ友同士が集まる場所でなかなか積極的に行けないけれど子育ての事で知りたいことがあるから頑張っちゃうんだよね、というような会話をしました。

私は赤ちゃんと二人で過ごす時間が長くなると煮詰まってしまって気分転換が必要になります。

そんな時コミュニティ広場でお話ししたみんなの育児方法の話や夕ご飯の献立などのたわいもない話を思い出したりして気持ちがやわらかくなったりします。

会って話す時間も大切ですが、家に帰ってもみんな育児を頑張っていると思うといい励みになります。

そのためにもママ友の存在は大きいし大切。

ママ友が欲しいと思うのはやっぱり一番に子供の為だけど自分のモチベーションの為でもありそう思うのは私だけではなく世のママが感じている事だと思います。

なので子育てに奮闘しているママ同士がお互い仲良くなりたいと思っているのは自然なことなので焦らなくても何度か顔を合わせるうちにママ同士も仲良くなるので「自分にはママ友できないかも」と心配しないでくださいね。

ママ友ができなくてポツンとしてしまうあなたへ・・・
ママ友いなくてポツンが怖い!でも大丈夫、ポツンママ対策はたったの2つ

まずはお散歩などの近所のお出かけから始めてみよう

ママ友4

コミュニティ広場の集まりで仲良くなったママ友と別の場所で会うようになったのはお散歩の予定を作ったことがきっかけでした。

するとその流れでラインでの連絡先交換が済みいつでも連絡し合える仲に進展。

でもラインをするのはお散歩のお誘いの連絡がほとんどです。

お互いにママ友の付き合いとプライベートを自然に切り離してして考えており、そして「育児を一緒に頑張ろうね」という激励しあえる気持ちがあるので特にプライベートに入ってくるようなやり取りもなく気持ちのいい関係を続けられています。

まとめ

  1. ママ友とのお付き合いは子供あってのものということを忘れないで、ママ同士お話に夢中になりすぎて子供から目を離してしまうことがないようにこころがけましょう。
  2. ママ友作りを始める前はみんなできるか不安に思っているものです。焦らないでまずはみんなの輪にはいっておしゃべりを楽しむことからはじめてみませんか。
  3. お散歩や近所のイベントなど一緒に楽しむことで一歩踏み込んだママ友に。ただ相手のプライベートな事に踏み込まず程よい距離をおいてお付き合いするとママ友と上手に付き合っていけれます。

こう思うとママ友とは不思議な関係だと思います。

育児はなかなか表には分かりづらい苦労が多いのもです。

ママ友は自分と同じように育児の大変さを分かりあえる仲なので是非自分と合うお友達を見つけ、苦労以外にもたくさんの育児の楽しさも味わってください。

ママ友に本音言える??記事はこちら
あなたはママ友に本音を言えますか?ママ友との付き合い方を教えます!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ