あなたはママ友に本音を言えますか?ママ友との付き合い方を教えます!

ママ友・ホンネ1

上の子が5歳なので私は5年間色んなママ友と付き合ってきました。

支援センターや親子イベントなど沢山の場所に出向いているので自分で言うのもなんですが、とてもたくさんのママ友がいます。

この5年間沢山のママ友との関係でとてもよかったこともありましたが、やはり嫌なこともありました。

でも本音を言えるママ友がいるというのはとてもいいことです。

経験からそんなママ友が見つけられるようないい付き合い方が見えてきたので紹介しようと思います。

人によって感じ方・価値観は違う

ママ友というのは年齢・出身地・仕事何もかもが違います。

なので基本親友になれることは少ないと思います。

年齢も育ちも違うので普通の友達よりも感じ方・価値観は人によって全く違います。

ある日みんなで遊んでいておやつにチョコレートを出しました。

子どもたちは喜んで食べていたのですが、1人のママさんは「チョコレートはまだ早いので」と返されました。

それから家庭によってあげているおやつも違うのだなと事前にリサーチするようになりました。

遊びでも違います。

アスレチックで高いところまで登る遊具で遊ばせていたら、「高いところはダメよ!」と注意するママさんがいました。

私自身「え?」と思うママ友もいますが、そこは口に出さず合わせるのが無難かなと思います。

色んなママ友のなかで感じ方・価値観が近い人を見つけましょう。

距離感が大切!

その人に感じ方・価値観がなんとなくわかってきたら、次は距離感です。

先ほど初めに書いた基本親友にはなれないと書いた通り昔の友人のようには接しないほうがいいかも。

仲のいいママ友の子どもと上の子が同じ幼稚園になりました。

そのママ友は年上の方だったのですが気のおける仲だったのでため口で話していました。

上の子のクラスのママ友はほとんど年上の方ばかりだったのですが、「あの人にはため口で私には敬語なの?」と思われてもいけないのかなと思い、最初からため口でフレンドリーに話していました。

すると仲良くなれたママ友もいるのですが、中には引いてるな~と感じる方もいました。

なので日に日に距離感を縮めて、でも気は遣うというようにするのがいいかなと感じました。

でも初めからフレンドリーに話したことで分かったことが1つ。

子どもが1人目のママさんはフレンドリーに話しても比較的乗ってきてくれます。

しかし子どもが2人目のママさんは慣れているせいか大体「は?」という顔で見られます(笑)

ママ友との上手な付き合い方は?記事はこちら
ママ友との上手な付き合い方って??気を付けるべき2つのこととは??

ママ友と沢山話そう

感じ方・価値観が分かり、距離感も縮んできたらあとは少しずつこちらの本音を出していきます。

私の場合はお家に呼んだり、出来るなら子どもを預けて飲みに行ったりしました。

お酒が入ると言えないこともポロリと言えたり受け入れられたりしますよ。

特にPTA役員をやることで本音を言えるママ友がぐんと増えました。

集まりも多いのですが、幼稚園をよくするためにみんなが思いついたことを意見し合うので、終わったあとも会話が増えてフランクな会話ができるようなママ友がとても増えました。

絶対悪口は言わない

ママ友・ホンネ2

沢山のママ友や幼稚園のママさんと付き合っていくと、やはり合わない人と出会うことがあります。

仲がよくてもその考え方は理解できないわ~と思うことも多々。

本音が言い合える仲になっていればそれは理解できない!と私は言ってしまうのですが、そんなことばかりでもないですよね。

そうなると他の誰かに話したくなりますが、出来るだけパパさんに、それかどこか遠い自分の友達に悪口・愚痴は話しましょう。

前にこんなことがありました。

私の家に4人のママ友と子どもが遊びに来ました。

そのうち3人が男の子で1人だけが女の子で、女の子だけが終始1人で遊んでいました。

男の子のママさんたちは「やっぱり遊びがもう違うのね」と気にしていなかったのですが、後日、1人の男の子のママさんが同じ幼稚園の人からその時の話を女の子のママさんから聞いたと連絡がありました。

「うちの女の子1人だけ輪に入れなく誰も気を遣ってくれなかった」と愚痴を言っていたと。

それを聞いた男の子のママさんが「そんなことを陰で言われても。もう誘いにくいよね」とちょっと険悪ムードになってしまいました。

悪口を言うなとはいいませんが、あまり近くの友達に話してしまうといつの間にか本人の耳に届いているかもしれませんよ…。

まとめ

1人によって感じ方・価値観が違うのでリサーチしつつ自分に近い考えの人を見つけよう。

2距離感を徐々に縮めつつも気は遣う。

3考えが近い人が見つかり、距離が縮んだら少しずつ本音を。

4誰が聞いているかわかりません!悪口はやめておきましょう。

何もかもに気を付けているとストレスばかりたまって疲れてしまいます。

沢山の本音で話せるママ友が出来るといいですね!

ママともいなくてポツンとしてても大丈夫!
ママ友いなくてポツンが怖い!でも大丈夫、ポツンママ対策はたったの2つ

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ