妊娠中の湯船は危険がイッパイ?!妊婦が気を付けるべきお風呂の注意点

妊娠中・湯銭1

妊娠が分かった日から、徐々に変化する自分の身体。

なんだか自分の身体ではないような気持ちがしてきて、それは大きくなるお腹とともに確信に変わります。

自分のおなかの中にいる赤ちゃんを守りたくて、どうしたら無事に誕生させてあげられるのかが気になって、日々の生活のちょっとしたことにも気をつかうようになります。

例えば自転車。

自転車には何か月まで乗っていいのでしょうか?

All About内の妊娠・出産ガイドをされている産科医の赤岩明先生が「妊娠中に自転車乗車は本当にダメ?」というタイトルでコラムを書かれていますが、基本的には特に問題のない妊婦なら、安全運転であれば問題ないようです。

そういえば私も6か月くらいまで自転車乗ってましたし、近所の人は予定日直前まで自転車乗ってましたけど、健康な赤ちゃんを産みましたよ。

例えば煙草の煙。

煙草が健康に良くない、というのは重々承知しております。

ただ私自身は夫も含めて愛煙家でして、妊娠がわかった段階から私は禁煙ならぬ休煙をしていましたが、お構いなしの旦那の煙を吸っていても特に問題はありませんでした。

まぁこれは結果論かもしれませんが…。

ちなみに煙草を勧めているわけではありませんよ!

そんな中、毎日の動作の中でかなり注意する必要があること、それがお風呂ではないでしょうか。

お風呂は毎日入るもんですし、でもすべりやすいし危ないし。

今回は、私が体験した妊娠中のお風呂での危険とその回避方法について書きたいと思います。

あくまでも主観に基づくものですけどね!

まずは湯船

あなたはシャワー派?湯船派?

私は圧倒的に湯船派です。

だって湯船って気持ちいいじゃないですか~。

シャワーだけだと身体があったまらないし、何より「お風呂に入った!」って気がしなくて。

でも妊娠したら、

「湯船に入ったら、オマタからお湯が入ったりして赤ちゃんに悪影響があるんじゃないかしら」

「昨日のお湯だし、雑菌があったりして身体によくないかな」

なんて気にしたりして。

結論から言うとね、まったく問題ありませんでした!

問題ないっていうか、胎動を感じるようになってからは、湯船に入るとぐぃ~んって動く赤ちゃんを感じてむしろ楽しんでました。

「キミも気持ちいいのね~」

とかなんとか言っちゃって。

二人目の妊娠の時なんかそんな余裕すらなく、一人目と一緒にお風呂に入るだけでいっぱいいっぱいで、

「悪影響?雑菌?それがどーした!雑菌に触れたほうが赤ちゃんも強くなるわぃ!」

とすら思ってましたよ。

ただ一つ気を付けたのは、湯船に座るとき。

うっかりするとね、どしん!って座っちゃうんですよ。

もう身体が重いんでね、バランスを崩しやすくて。とにかく転ばないように注意が必要です。

慎重に慎重を重ねて、手すりや湯船の淵をしっかり持って、おぼつかない足元に注意してください。

それから湯船の中ですが、私は100円均一で椅子を買ってきて、お風呂の中に入れてました。

寒い時期だと風邪ひいちゃいますけどね、そうでなければ一回椅子に座ってから、ゆっくり湯船に座ってました。

次は洗い場

妊娠中・湯銭2

お腹が大きくなってくると、靴下も一人で履けないという話を聞きますが、あれってホントですね。

妊婦になったことないし!そもそも俺オトコだし!という方はなかなか想像できないかもですが、ほんっとに下が見えないんですよ。

バランス悪いし自分の足元見えないし、怖いわーと思っている中のお風呂。

これはさらに怖い!です。

お湯で濡れてるくらいならまだ気の付けようもあるんですが、髪や身体を洗ってるときは石鹸でヌルヌルしてるからものすんごく怖い!

実際わたしは転びそうになりましたし、足を滑らしたこともありました。

で。解決策ですが。

もう思い切って洗い場の椅子を片付けました!

頭も顔も身体も洗い場の床にべたっと座って洗いました。

これなら決して転ぶまい!

自信満々で洗い始めましたが、今度はお尻が冷たい…。

洗い場直接は転ばずに安全ですが、床をお湯できちんと温めてからにしましょうね。

それからもう一つの注意点。

立ち上がるときに、急に立ち上がったらダメですよ。

グラッと立ちくらみしますからね。

まとめ

妊娠したら気を付けるべきお風呂の注意点は、

1.湯船にどしんと座らない。必要に応じて椅子を湯船に入れると効果的!
2.洗い場で髪や身体を洗う時は、温めた洗い場に直接座って洗う。

この2点です。

これだけでもかなり危険度が下がってゆっくり入ることが出来ますよ~!

無痛分娩ってぶっちゃけどうなの?!せきららに告白!
無痛分娩で産んできたよ!感想と具体的体験談、たっぷりお届けします!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ