ココナッツオイルダイエットは成功する!低糖質でも大丈夫!

ココナッツオイル・低糖質1

ココナッツオイルを取り入れたダイエット方法を経験した人は「飲んだり食べたりしているけど、ぜんぜん痩せない!」とあきらめた人が多いのではないかと思います。

私も、いろんなダイエットをしましたが、年齢とともにちょっと運動して、食事を多少減らした程度では落ちなくなるどころか、徐々に増え始めていました。

そんなときに、テレビを見てやってみようと思ったのが、ココナッツオイルダイエットです。

ココナッツオイルは体に良い、とか痴呆症にも効果的と言われますし、料理に使ってもおいしいです。

私も元々炒め物には使っていました。

オイルの成分の「中鎖脂肪酸」が炭水化物や甘いものが好きで太ってしまった人にも効きくそうです。

最初に言ったように、飲んだり食べたりしているけど、痩せない。それは方法を間違っているからです。

ポイントは2つ

ココナッツオイル・低糖質2

ココナッツオイルの採り方は、テレビではホットコーヒーに入れてミキサーで混ぜていました。

この方法だと乳化してココナッツ風味のミルクコーヒーのようになります。

そのまま入れてもいいのですが、分離するのできれいに混ぜるにはミキサーの方がいいです。

コップ1杯に対して小さじ1~2杯弱くらいが適量です。

コーヒーを飲まない人は、スープ等に入れてもよいと思います。

私はたまにお味噌汁に少し入れることもあるます。ココナッツオイルは20度以下で固まりますので、寒い時期に飲み物が冷めてくると固まりますので温かい飲み物などに入れた方がいいです。

飲み方は「事の3時間前」が効果的らしいです。

そして、もう一つのポイントは、糖質を抜くことです。砂糖や、ごはん、パン、麺類、小麦粉、イモ類などの炭水化物です。

私はどれも好きで、特にごはん。甘いものや揚げ物より、炊き立てのご飯があれば、あとは少しのおかずで大丈夫なタイプでした。

そんな私でも制限ができたんです。痩せにくかった私も1ヵ月目くらいには運動なしで2㎏くらい落ち始めました。

運動なしで痩せるなら飲み物にも気を付けては??
運動なしで痩せたい人はこの方法!飲み物で続けられるダイエット!

なぜ低糖質でも大丈夫か

ココナッツオイル・低糖質3

飢餓状態になると体脂肪からケトン体ができエネルギーにし、炭水化物などを摂取しなくても生きていけます。

私たちは普段十分に食事をしていますので、飢餓状態になることはありません。

ココナッツオイルに含まれる「中鎖脂肪酸」がケトン体を増やしてくれるそうです。

なので、糖質を制限しココナッツオイルを摂取することで痩せる体になるそうです。

私の場合は、ココナッツオイル入りコーヒーを飲み始めてごはんなどの炭水化物を制限しました。

最初はやはり「がまん」が必要でしたが、3~4日も程度のうちに「食べなくても大丈夫」になってきました。

甘いものも同じです。「がまん」しているのではなくて、「食べたくない」になったので、楽に食べない・食べたくない状態になっていましたし、徐々に空腹感も少なくなっていました。

肉や揚げ物は気にしない

気にしないといっても食べ過ぎはいけませんが、普通に食べます。

お弁当には、野菜類とから揚げや卵焼きなどにしたり、前日「食べすぎたな」と思ったときは、おからクッキーとヨーグルトにしています。

最初は、調味料の糖分や揚げ物の衣以外は糖質をかなり制限しましたが、2か月以上たったころ効果がかなり出始めたと思うころには緩めしにて、飲む時間も朝ごはんのときと10時過ぎくらいのコーヒーに入れて飲む以外は、3食のうち2食炭水化物を抜いたり、軽めにしたりなど調整する程度にしています。

外食もライスを半分にしたり、少し気を付けながら続けています。

まとめ

1.食事3時間前のココナッツオイルと糖質制限で痩せられる。
2.ケトン体が増えることで体脂肪が燃える。
3.お肉や揚げ物は食べても大丈夫。

テレビでは、2週間で4~5㎏痩せたと放送されていましたが、この方法で私は8か月で10㎏落ちており、まだ減らしたいと思っています。

ゆっくり少しずづの方が、身体に無理がないしリバウンドもしづらいと思います。

糖質制限したいけど会社の付き合いが・・・と悩む人へ!
糖質制限はこの方法!付き合いを制限せずに痩せる3つのポイント

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ