9か月ではもう遅い!?指しゃぶりをやめさせるのは早い方がやっぱりいいのか?

9か月指しゃぶり1
赤ちゃんが指しゃぶりをしている姿は赤ちゃんらしくて可愛らしいですよね。

でも可愛いと思っていた指しゃぶりの行動があとあと歯並び等の問題の原因になっていると知ってからあまり悠長な気持ちで見ていられなくなりました。

医者やネットで調べてみても指しゃぶりが歯並び等の問題になるのがいつからなのかがはっきりしなくて一人でもやもやしたり・・・。

ハイハイをするようになってくる9か月を過ぎても頻繁に指しゃぶりをしていたら強制的にやめさせた方がいいのでしょうか?

私なりに手探りで試してみた指しゃぶりの対応をまとめてみました。

始まりは4カ月頃から。指しゃぶり中の表情がなんだか苦しそう。

9か月指しゃぶり2

指しゃぶりは突然始まりました。

その時は親指をしっかり口の奥まで入れて少しよだれを流していました。

ちょうど歯が生え始める1週間ほど前だったので歯が生え始めるために歯茎が刺激されてむずがゆい衝動を抑えられないのかなと思い試しに市販の歯固めを与えました。

与えた初めのころはあまり興味を示しませんでしたが、口の中に歯固めを入れてあげるうちに赤ちゃんも歯固めの使い方が分かるようになって上手にかみかみするようになりました。

そして指しゃぶりの頻度がぐんと減ったのでこの時期の指しゃぶりは歯茎のかゆみが原因だったと分かりました。

6か月目にびっくり!気がつくとこぶしのままお口の中へ

9か月指しゃぶり3

歯固めを与えるようになって指しゃぶりの頻度が減ったと安心していたところへ今度はグーにしたこぶしを口にれるようになりました。

これは指しゃぶりではなくもう「こぶししゃぶり」です(笑)

焦る私に関係なくよくこぶしをしゃぶっていました。

ちょうど自分の手に興味を持つ時期だったので興味本位でこぶしを口に入れて遊んでいたのかなと思います。

この時も歯固めを与えて気を紛らわせていると、いつの間にかこぶしを口の中に入れることはなくなり、またいつもの指しゃぶりに戻っていました。

この頃の指しゃぶりはおなかがすいている時や眠たくなる前によくしゃぶっていたので精神の安定のための行動だったのだと考えています。

なので無理やりやめさせることは考えず、指しゃぶりが始まったらさりげなく歯固めを渡したり、授乳をしたり、抱っこや散歩などをして気を紛らわせて指しゃぶりの事を忘れさせてあげていました。

9か月めに入るとぐんと指しゃぶりは減ったけれど・・・

9か月指しゃぶり4

月齢を追うごとに赤ちゃんもつかまり立ちや、玩具で遊んだり絵本を開いたりと手を使う機会が増えてきて以前より指しゃぶりの頻度が減ってきました。

しかし、指しゃぶりをあまりしなくなって安心していたある日歯科衛生士の方からショッキングなことを言われました。

それは2つ。

1つ目は、歯の本数が2本少ない事、そして2つ目は、歯と歯がぴったりくっついて生えた所が一か所あり今後乳歯を抜く時は歯科に相談しながら慎重に進めた方がいいとの事でした。

「今すぐ治療」という緊急性はなかったものの歯並びが少しおかしいと思った時点で相談していればと後悔しました。

しかし話を聞くとこれらの症状に関して指しゃぶりとの直接的な関係は考えられないから3歳になるまで指しゃぶりは心配しないで今まで通り子供に接してほしいといわれました。

確かに調べてみても指しゃぶりが今回の症状になるとは書かれていなかったので元々のものだったのだと考えるようにしました。

ただこの先新たに歯に問題ができるといけないので以前より注意して指しゃぶりを見守っていこうと思います。

11カ月になる我が子は相変わらず指しゃぶりをしますが、おなかがすいていたら授乳、眠たい時は抱っこをしたり逆に外にでて気分転換させたりと「今どんな気持ちなのかな?」と子供の気持ちを感じて欲求を満たしてあげています。

毎日続けている事ですが指しゃぶりを卒業させるために一番大切なんですね。

そのために、私たちは常に子供を見ていないといけなくて大変ですが、その先に我が子の笑顔があると思えば乗り越えていけそうですね。

まとめ

3歳になるころまでの指しゃぶりは歯並び等の直接的な原因にならないので赤ちゃんのころの指しゃぶりは心配しなくても大丈夫です。

乳児期の指しゃぶりは自分の体(この場合は手)に興味がでてついつい口の中に入れて確かめているのがほとんどです。

ハイハイが始まる9カ月頃から指しゃぶりが少なくなるのは、手を使った動作が増え指を口にもっていくことが少なくなるからです。

とはいえ、やはり気になるという場合には早めに専門家に相談するのがベストです。

我が子のお口の健康も私たちがしっかり見守っていきましょうね!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ