妊娠中の暴食欲求と戦う!私の暴食食べづわり体験談とその対策とは?

妊娠・暴食1

妊娠中に辛いこと。

身体が重くなる。手足がむくむ。足の爪が切れない。

ほかにもいろいろありますが、私は何よりも食べ物に苦しめられました。

つわりの中にも吐きづわりや食べづわりなど人によって様々ですが、私の場合は「食べづわり」さらに「種類限定」!

食べづわりって大体種類が決まってきますよね。

よくあるものならいいんですよ、パンとかおにぎりとか、コンビニですぐに手に入るとか、こっそりパクッと食べられるようなものならね。

でも中にはミカンの缶詰とかアタリメとか、こっそり食べにくいとか、ニオイが…ってなっちゃうものだったりすると、結構キツイ。

さらに食べづわりだと、食べ続けていないと気持ち悪くて吐いてしまったりするので、必要以上に栄養を摂取することに…。

もぅ、病院に検診に行くのが嫌でねぇ。

毎回体重量るでしょ?

もしくは量って母子手帳に書いて持ってくじゃないですか。

あれが怒られるんですよねぇ。

大人になってからってそんなに怒られることないと思うんですけど、めっちゃ静かに怒られたりすると怖くてねぇぇ…。

そんな恐怖を子供二人分体験した私の暴食とその対策をご紹介します!

一人目の時の暴食は「栗っこ」

知ってます?栗っこ。

神奈川県の指定銘菓で「磯子風月堂」というお店で売っているんですが、もうとにかくこれが食べたくて仕方ない。

しかもこれだけじゃなくって、栗っこをはじめとする磯子風月堂さんの和菓子を食べまくってました。

「洋菓子よりはマシなはず…洋菓子よりはマシなはず…」とブツブツつぶやきながら毎日お店に通って、すっかり店員さんと顔なじみに。

商品を買うとスタンプカードをくれて、それが溜まると横浜土産としてオススメの「ごまだれ餅」がもらえるんですが、これも何回もらったかわかんないですねー。

とにかく毎日通いました。

二人目の時の暴食は「そうめん」

妊娠・暴食2
これそんなに辛くないじゃん、と思うでしょ?

大してカロリーもないしいいじゃん、と思うでしょ?

私ね、妊娠が分かったのが秋なんですよ。

食べづわりが始まったのが、そうめんも間もなく終了の季節。

今でこそコンビニでいつでも買えるそうめんも、当時はそんなことはなく。

日本蕎麦やうどんは売ってるんですが、そうめんってなかったんですよ。歩きながらは食べられないしね…。

幸いつわりがひどかったわけではないので、朝・昼・晩をしっかり食べておなか一杯にさえなっていれば、ずーっとそうめんを食べていないと耐えられない!ってほどではありませんでした。

ただそうめんづわりが始まったのが9月終わりだったので、働いていた私は毎日まいにち毎日まいにちおんなじ日本蕎麦やさんに通ってかよって通い詰めて、顔見知りになって、「いつものそうめん大盛り?」って聞かれるようになって、「実はつわりで…」って事情を話して。

そのお蕎麦屋さんはとってもいい方たちばかりで、なんとつわりが終わるまでそうめんを出してくれたんです。

ほんっと助かりました。つわりが終わった時には報告と御礼を兼ねて、かつ丼定食食べましたよ(笑)

暴食対策

そうめんはね、まぁいいんですけど。

和菓子はきつかったですね~いつでも手元に置いておけますし、お店は歩いて10分程度のところにあるし、なんたって値段もお手頃。

毎日食べても全然飽きないおいしい和菓子であるってこともまた罪作りでねぇ。

でもそうそう食べまくるわけにはいかないじゃないですか。

恐怖の体重測定もありますし。

なので、私は和菓子を食べるために、とにかく歩きました。

妊婦も健康な状態で安定期に入ると「歩きなさい」と言われるんですが、「歩いたら食べられる」というご褒美にして、お店がある方面と反対側の駅に一駅往復散歩して、そのままその足でお店へ。

お店で買うのは一つだけ。一つだけ買える分のお金しか持たないで散歩に出るんです。

のどが渇くといけないので、水を入れた水筒をぶら下げて。

安定期に入る前にはお店まで歩いて、ちょこちょこ食べながらのんびり遠回りしてお散歩していました。

もしも途中で具合が悪くなったら即タクシーで帰る!と心に決めて、玄関にいざという時のタクシー代を置いて散歩に行っていましたが、幸いそんなことはなく、毎日順調に歩いては食べ、歩いては食べしていました。

歩いていたおかげか体重も規定以上に増えることはなく、無事安産となりました。

まとめ

まとめると、

私の「食べづわり暴食」は和菓子とそうめん。

暴食対策は「歩いたご褒美として一つだけ買って食べる」。

妊娠中にお医者様に注意されている人は、きちんと言うことをきかないといけませんが、健康的に妊娠ライフを楽しんでいらっしゃる方はぜひ、ご褒美目的にお散歩してみてください!

お散歩が辛ければ、「これからお菓子を買いに行くんだ!」と思うだけでも気分が違いますよ~!

無痛分娩ってぶっちゃけどうなの?!せきららに告白!
無痛分娩で産んできたよ!感想と具体的体験談、たっぷりお届けします!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ