料理の見栄えを良くするには? 私が試した3つの実践法をご紹介!

料理・見栄え1

料理は、味だけでなく目でも楽しみたいもの。

そして、料理を提供する側からすると「美味しい!」という言葉に加えて「綺麗!」とか「ステキ!」なんていう言葉も欲しいものです。

毎日、食事の支度をしているお母さんは家族のそんな一言を張り合いにしている事と思います。(私もその一人です)

そんな料理を作るためには、料理の「見栄え」がとても重要になってきます。

美味しい料理でも、見た目が美味しそうに見えないものもあります。

料理の見栄えを良くして、食べる人に感動を与えることができたら作る方も幸せですよね。

ここでは、私がアレコレ工夫してみて、家族ウケの大きかった経験をもとに、見栄えの良い料理を作る秘訣についてご紹介していきたいと思います。

食器にこだわる

料理・見栄え2

食器は、「料理」という作品を載せるものなので、こだわりたいですね。

料理によって、真っ白なプレートが合うものもあれば、グリーンや赤など南プロヴァンスを想像させるような食器が合う場合もあります。

夏なら、水色のガラス製の食器が涼しさを演出し、簡単にできる「そうめん」がごちそうに見えてしまうものです。

子供たちは、夏の思い出と共にそんなワンシーンが浮かんでくることもあるはずです。

「食育」ともつながっているということになりますよね。

そういった意味でも、食器は料理によって使いわけたいものです。

高価なものでなくても食器の色や形にこだわり、古くなったものや、欠けてしまったものは捨てるよう、定期的に食器棚を見直すことが必要です。

テーブルコーディネートにこだわる

料理をいただく場所の、雰囲気作りも重要ですね。

雑然としたテーブルの片隅でいただく料理と、コーディネートされたテーブルでいただく料理には差が出ることでしょう。

「食べてしまえば一緒」 そう考える人もいるでしょうが、そんな習慣が「自分を大切に思う」気持ちや「家族を大切に思う」気持ちの差を生みます。

テーブルコーディネートといっても、そんなに面倒なものでなくても良いのです。

我が家の場合、リビングとダイニングのテーブル中央をテーブルコーディネート部分と決めています。

通常は、トレイやプレートの上にナプキンスタンドや、プリザーブドフラワーを置いているだけです。

クリスマスの季節にはミニクリスマスツリーを置き、夏にはガラスに入れた砂と貝殻を飾ります。

庭にお花が咲く季節には、切花を飾ることも・・

このように、「飾ること」が習慣化すれば、テーブルコーディネートは少しも面倒なことではないとううことに気付くはず・・

毎日の食事時には、料理の内容に応じて調味料をプラスするとか、ガラスカップにオシボリをセットするだけで済みます。

クリスマスなど特別なときには、テーブルクロスを使うなどして特別感を演出します。

料理・見栄え3

調理器具にこだわる

調理器具も料理の見栄えを大きく左右することがありますよね。

例えば、色鮮やかな野菜をキレイな形にカットできるものや、スライスできるものがあります。

ニンジンなどが、まるでリボンのように美しくスライスできるものもあり、そんな調理器具を使うだけで高級料理に変身してしまうのです!

フライパンなども、焼き目がキレイに付くものもありますね。

自宅で高級料理を味わうことができれば、外食費も節約できそう・・

そして何より、家での料理が美味しければ、家庭も円満になると良く聞きます。

それだけ、料理をすることは重要なことなのだということがわかります。

便利グッズを上手に活用すればお料理上手に!記事はこちら!
キッチンの便利グッズ3選& とってもステキな収納例を3つご紹介!

まとめ

  1. 食器にこだわると、マンネリ化しがちな料理にも変化が・・
  2. テーブルコーディネートを習慣化すると、急な来客にも慌てなくなりますよ。
  3. 調理器具にこだわると、一流シェフになった気分♪

このように、「見栄えの良い料理を作るコツを知る」ということは、お金をかけずに優雅な気分を楽しむことにつながるのだということがわかります。

作る本人が楽しめること、それが何より大切なことですよね。

毎日のレシピ考えるのって大変ですよね・・・そんなマンネリ化してきたあなたへ!
料理のマンネリ化を防ぐには?私がやっている対策法を4つご紹介!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ