夫婦で家計をやりくり!ダブルインカム時代はこうして貯める!!

夫婦・やりくり1

コツコツ貯金をしていた私。

子どもが産まれた今でも貯金はできるだけしているものの、子どもが小さい今は、仕事時間も自由に取れません。

そのため貯金しづらいと感じることもあります。

また、貯金をしたとしても子どもの教育費に貯めていることもあって、とにかく使いづらい!!

貯金の目的も違ってきているような気がします。

そして思い返すのは、「結婚後、ダブルインカム時代が一番貯金できたな~」ということ。

夫婦でダブルインカムなら、「こうして貯めるのがオススメ!」と私が考える、イチオシの方法を教えます!

夫婦になって直面した問題とは?やりくりが必要!

夫婦・やりくり2

結婚後、実家暮らしから、2人で賃貸マンション暮らしになりました。

実家暮らしの時も少しばかりお給料から家に入れていました。

ただ、一人暮らしよりも圧倒的に少ない額です。

下宿代くらい?そのため、お小遣いも多く、それまでは割と自由に使えていたお金。

結婚すると、食費や家賃、光熱費など自分たちで払わなくてはいけないんですよね。

大変!当然といえば当然ですが、「こんなにかかるものなの!」と驚きました。

結婚してからも2人ともフルタイムで働いていたので、自由に見えるお金は多そうでしたが、私はこの方法を取ることに。

それは、「私のお給料はないものと思って貯める方法」です。

1人分をまるまる貯金できるもの?やりくり法は?

夫婦・やりくり3

主人のお給料で生活費全てをまかなうことにしました。

そして私のお給料は全てを貯金に。

この貯金は、いつかの車購入に使っても、旅行代に使ってもいいルールではあったものの、「とりあえず全部貯金」!

なぜなら、子どもが産まれたりしたら、働けない期間が出てくるから。

そうすると無給になる期間もあり、パートや専業主婦になって収入が減るかもしれない可能性も含めて、「主人だけのお給料でどれだけ生活できるか」を考えました。

主人の収入の中から家賃、光熱費、電気代、通信費などをひくと、食費やおこづかいとして使える金額がわかります。

おこづかいはちょっと少ないような気がしたので、主人の残業代は主人のおこづかいにプラスして。

夫婦2人分のお給料だと無限にありそうなお給料も、主人だけのお金でやりくりするのは意外と大変で。

でも、無理な感じではありませんでした。で、「まずはやってみよう!」と。

やりくりした結果、海外旅行が実現!

夫婦・やりくり4

ギリギリの生活なように見えるものの、やりくりすればできるものですね。

会社が終わってからの夕方のスーパーで割引食材を購入したり、土日は図書館で本を借りたり、お弁当を作ったりして節約もコツコツしました。

そうするとお互いフルタイムで働いていたので、半年間の貯金だけでもかなりの金額に。

そこで、日々のごほうびをかねて海外旅行をすることにしました。

当時、韓流ブームだったので韓国にして満喫♡2人分の飛行機代、サーチャージ代、ホテル代、向こうでの飲食代やおみやげ代など全て込みでも余るほどでした。

ブランドもののお財布もゲット!

近場の韓国だったからということもあったのですが、2人分の旅行代を気軽にポンと払えたのも、貯金があったからこそと思います。

メリハリのある貯金は、時には使うのもアリ!

その時の貯金は、まだ口座に残っていますよ。

子どもが産まれたりすると、どうしてもお金が必要になってくる+働く時間はなくなってくるものなので、その時に貯めておいてよかったな~なんて思っているところです!

まとめ

1. ダブルインカム時代が一番貯められる!結婚後がチャンス!
2. 夫の給料内で予算制に。金額内でやりくりするのがルール
3. 子どもが産まれたら貯まらない!貯める時に貯める!
4. 時には海外旅行も。メリハリが大切!!

現在は子ども2人の我が家。

妻の私仕事に割ける時間もどうしても減ってしまっているので、夫婦2人だった時が貯金のタイミングとしてはおすすめ。

それまで貯金をしてこなかった人も、見直すのにいい時期ですよ。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ