子育て中の生活費を安く便利にするには??意外なこのサイト一択で!!

子育て・生活費1

2人の子育て中のママである私。子育てって思った以上にお金がかかりますよね。

今や年収500万円で1人育てるのにせいいっぱいなのだそうです。

1人目の時は余裕があったものの、2人目を産んだとたん、なんだかあれもこれもとお金がかかって……。

生活費も節約しないといけない状況になっています。

そして、2人目になると外でのお買い物も大変に!

そこで私が目をつけて取り入れてみたのがこのサイトでした。

子育て中ならAmazonファミリーを使え!は定説?

子育て・生活費2

CMで放送されていて「便利なのかな?」と思う人も多いAmazonプライム。

言いきっちゃいますが、Amazonは子育て中の家庭は本当に便利です!!

知らないと損しているくらい。

過去には本やCDの販売が中心だったAmazonですが、

こんなものも、あんなものもAmazonで購入できて「えっ?こんなサービスまであったの?」

なんて思うママもいるんじゃないかと思ってしまいます。

その理由は、出産して退院した後、哺乳瓶や粉ミルク、授乳クッションを一気にAmazonで購入できたから。

本来なら、赤ちゃん用品店に行って車に荷物を乗せて帰ってこなくてはいけないものの、そんな元気は、産後、ありません!!

有料ではあったもののお急ぎ便にして家まで届けてもらい、「Amazonがあってよかった~」なんて命拾いしたような気分になりました。

このAmazonのサービス、子育て中ならまずはAmazonファミリーがおすすめです。

Amazonファミリーからはじめよう!生活費もお得に!

子育て・生活費3

画像出典:アマゾン

まず、赤ちゃんがいる家庭におすすめなのはAmazonファミリー

このサービスでは、おむつとおしりふきが表示価格から15%オフ。

最短当日お届け、日時指定便が、無料で使い放題になります。

年会費は3900円。1年目はクーポンで3900円分がもらえるので、初年度は無料の計算になるでしょうか。

Amazonプライムもサービスは似ています。

年間3900円でお急ぎ便や当日お急ぎ便、お届け日時指定便が無料で使えるサービスです。

こちらは子どもがいない人向けかな?と思います。

コレを買って生活費を節約!子育ても楽になる!

子育て・生活費4

Amazonファミリーで一番得ができるのは、おむつ、おしりふき購入です。

定期オトク便でこの2つを購入すると15%オフになります。これ、侮れない金額なんですよ。

我が家は2人とも紙おむつを使っています。布おむつを使っている家庭も多いですが、やっぱり紙おむつはポイッと捨てられるので便利ですよね。

1パックあたり1300円ほどの紙おむつとして、大体1ヶ月で2~3パックくらいかな。

それが2人。
1人2パックと少なく見積もって、

1300円×2パック×2人分=5200円。
1年では、5200×12ヶ月=62400円

計算すると6万円以上かかっているんですね。恐ろしい……。

この15%は、62400×15%=9360円。

およそ1万円ほどの節約になります。

1ヶ月で3パック使っている月もあるので、節約金額は1万円以上になっているかも。

生活費が年間1万円節約できるのってすごいと思いませんか?

粉ミルクを届けてもらったり、おしゃぶりや離乳食グッズ、ベビーフードが注文できて配送料無料が便利と思う以上に、毎月、玄関先まで配送してもらい、その上節約になるAmazonファミリーは本当に助かりました!

知らないうちに生活費の節約にもなっていて、子育て中も楽ちんに。

おでかけする時は、日時指定も無料でできるのでこれもいい!

トイレトレがまだ完了していないので、おむつは3歳になるまでずっと使っています。

割引になることを考えても、2年目以降の年会費3900円も払っても損じゃない気がしませんか?

そして、ありがたいのはおむつの個数制限がないこと。

ドラッグストアで買おうと思った時、1人2個までと言われた時がありました。

せっかく出かけたのにストック分を買えなくて悲しい思いをした時も。

Amazonだとそういったことがないのでいいですよね。

まとめ

1. Amazonファミリーで産後も楽に買い物!
2. おむつ、おしりふきはAmazonでが定番?年間1万円の節約に
3. 年間3900円払ってもお得になる!2年目はどうする?
4. ドラッグストアのように個数制限がないのもいい点!

子育て中のママは、考えてみたいAmazonファミリーの導入。

おむつを自宅まで配送してくれるのは本当に便利です。

15%オフのサービスも計算してみると、生活費を楽にしてくれることがわかります!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ