ビーズの保管はこの方法!安くてもきれいで見やすく使いやすく!

ビーズ・保管1

ビーズアクセサリーを作りだすとあっという間に自宅に売るほどビーズが集まってしまった。

なんてことありませんか。

「こんな風につくろうかな」なんて考えていると本当にたくさん集まってしまいます。

パーツもたくさんで形もいろいろ。整理するのは大変ですよね。

でも、私はきれいに並べて作品を想像しつつ眺めるのも好きなんです。

いろいろと収納グッズはありますが、お金をかけずに見やすく、取り出しやすくするポイントがあります。

手芸用品はこまごましたものが多く、ビーズ以外の整理にも役立つと思います。

フタ付き液体カップやファイルケース

ポイントの一つは、やはりフタが透明で中身が見やすく探しやすいことです。

よく整理用に丸い円筒型をつなげるもの(ラウンドケース)が売られていますが、私はつなげている真ん中あたりのものを取り出すときに不便を感じて、小さなフタつき液体カップ(業務用50個数百円程度のもの)へ小分けして入れます。

細かいビーズを取り出すにはこの柔らかめのプラスチックカップが使いやすいです。

お弁当に入れるタレの容器より少し大きめのものです。

それを、さらに100均で売っているファイルケースに入れます。

ファイルケースには横に並べて入れてフタをすることで、立てて本棚にいれることも可能ですし、まとめて取り出しやすくなります。

横に重ねるより立てる方が取り出しやすいです。

液体カップも容量もファイルケースの厚みの種類もたくさんあるので、ビーズ大きさや量に応じて入れ替えます。

とにかく出し入れしやすくするのが整理しやすいポントです。ただし、ケースの種類はそろえておいた方が、見やすくなります。

大きめのビーズはピルケースへ

ビーズ・保管2

少し大きめのビーズは、ピルケースが使いやすいです。

上部をパカッと開けて取りだすので便利です。

これもいくつか買って同系色でまとめて入れて整理しておくと便利です。

ケースのフタは一つずつ開くものがおおススメです。

フタが一つで中に仕切りがあるものは、中身が混ざりやすいです。

使う場合は、大きめのビーズのみにした方がいいと思います。

そのようなケースにビーズが入っていたのを買って使いましたが、混ざりやすくていちいち戻すのが面倒でした。

ピルケースは丸カンやTピンなどの小さめの金具を整理しておくのにもよいと思います。

また、ビーズアクセサリーを作るには、ビーズ以外にもたくさん金具必要ですよね。

ピルケースもさらに大きなファイルケースに入れて整理すれば、かさばりません。

私は元々、物が多いのでビーズ類もできるだけコンパクトに収めたいので、立てる収納にこだわっています。

私は、パッチワークもしますが、生地はすべてクリアファイルへ挟みボックスファイルへ入れ、立てて収納することですっきりと収納させています。

ファスナー付き小袋にインデックスを付けて

小さなビーズをたくさん買って液体カップへ入り切れなかったり、ストック用にたくさん買ったビーズは、チャック付きのビニールに入れ、タックインデックスを付けて小箱に立てておいて置くとわかりやすいです。

購入したときの糸に通されたまま保管しておきたいときもこの方法がよいです。

また、中身の分量によってヘタッと倒れやすくなるので、芯としてクリアファイルを切ったものを入れたりしておくと、きれいに立てておいて置くことができます。

ペンチ類は可愛いペン立てやポーチに収納

かさばるペンチ類は可愛いペン立てに立てておいても収納になりますが、専用のポーチに入れておくと、お子さんが誤って触れて危ないなど少ないと思います。

工具用ポーチ 手芸 クラフト 小物入れ デニム(スアーブ)

まとめ

・フタつき液体カップやファイルケースで見やすく
・大きめのビーズはピルケースに入れて
・ファスナー付き小袋とタックインデックスで整理
・ペンチ類もペン立てやポーチに収納

ビーズの収納はみなさん悩むところでもあり、様々に工夫されている人が多いです。

いろんなことを参考にして、自分なりに使いやすく整理すると作る作業も楽しくなります。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ