雨の日の遊びはアイデアで楽しもう!子供と一緒に簡単に作れる遊び3つ

遊び・アイデア1

公園と家を往復する毎日。

持っていくものはお砂場セット。

晴れている日はまだいいんですよね。

これが雨でも降った日にゃぁもう本当にお手上げで、絵本を読むのももう限界、家の中でのかくれんぼももう飽きた、子供の体力は一向に減らないからお昼寝もしやしない…。

こうなると1日のスケジュールはガッタガタ。

お昼寝しない代わりに夕方眠くなってグズグズするし、中途半端に寝ちゃうと夜まったく寝ないし、おとなしくさせるためにお菓子をあげちゃったら夕飯を食べないしで大人もイライラ…。

そうならないために、家にある材料で子供と一緒に作れる、節約おもちゃをご紹介!

巨大すごろく

遊び・アイデア2

子供ってなぜかすごろく好きなんですよ。

サイコロを振るのが楽しいのと、最初にゴールした人が勝ちっていうわかりやすいルールが魅力みたいで、うちの子供たちもしょっちゅうやってます。

なので、思い切って作っちゃいましょう!しかも大きいやつ!

うちが前に作ったのは、大きさは延べで2畳分くらいありました。

細長い長方形のリビングからダイニングにかけて、取っておいた包装紙と、カレンダーの裏と、折り込みチラシの裏と、足りない分は更にお絵かき帳なんかも使ってとにかく大きく、裏を全部セロハンテープでくっつけます。

子供にも貼り付けるのを手伝ってもらいましょう。

多少ぐちゃっとしても大丈夫。細かいことは気にしません。

子供と一緒にせーので裏返したら、クレヨンを使って道を作ります。

スタートとゴールを設定して、まずは曲がったりしながら一本道路を作ります。

それができれば、あとは子供の好きなように升目をセット。

止まった時のイベントや、ワープゾーンなども好きなように決めさせましょう。

作るのも楽しいし、実際にそれで遊ぶのも楽しいです。

奇想天外な升目のイベントがあったりして、子供のアイデアにも驚かされること間違いなし!

どでかクッキー

遊び・アイデア3

型抜きクッキーを作ったことのある方は多いと思います。

小麦粉から分量を量って作ってもいいんですが、私は面倒なのでホットケーキミックスを使います。

ホットケーキミックスなので、クッキーというよりはなんとなーくマドレーヌに近い感じになっちゃいますけどね…。

焼きあがってすぐのちょっとフワフワした感じもまたいいんです。

で、先日。

娘が学校から帰ってくるなり「今日○○ちゃんとうちでクッキー作る!」と言ってただいまも言わずにいそいそと準備を始めました。

とりあえずただいまを言わなかったことを叱りつつ、娘と準備。

いつも「足りない!」と言われるので倍の量で作ることにしました。

娘とその友達と息子の3人で満足するまでクッキーの型を抜き、焼いては食べ焼いては食べ、子供たちが「もう飽きたー!」というまで作りましたがそれでもクッキーのタネが余りました。

そこで、ちょっと遊んでみました。

オーブンのトレーいっぱいにタネを広げて、大きなクッキーを焼きました。

焼きたてはフワフワで、やっぱりクッキーというよりはマドレーヌ…。でもおいしいから問題なし!子供たちも大興奮でした。

「なにこれー!」

「顔より大きい!」

「おいしい!」

子供が盛り上がること間違いなし!ですよ~。

壁を使って落ちゲー作り

ことの発端は、ピタゴラスイッチで最後にでるピタゴラ装置。

「夏休みの自由研究にさ、ピタゴラ装置とか作れたらおもしろいよね」

娘はそれはもうノリノリで、弟も巻き込んでいろいろ試してみました。

ところがどっこい、ピタゴラ装置はかなり難しい。

ちょっとした角度の違いで全然思った通りに進まないし、仕掛けが作動しない。

いくつも空き箱を使ってミニピタゴラ装置を作ってみましたが、どれもこれも失敗作に。

空き箱だと動いちゃうからダメなんじゃないか、ということになり、壁に作ってみることに。

もはや夏休みの自由研究ではなくなってますが、最終的に壁にトイレットペーパーの芯を貼り付けて、スーパーボールの迷路のようなものを作りました。

これが子供たちに大好評!

うちの子供たちだけじゃなく、遊びに来た子供もみんな大喜びでやっていくし、なんならこれをやるためにうちに遊びにくるぐらいで。

大人からみるとそんなに大したものじゃないんですが、何度も何度もスーパーボールを転がしては角度を変えて、転がる先を試しながら作ったのが本当に楽しかったみたいです。

コツは、最初にスーパーボールが落ちるゴールを決めること。

スタートから作っちゃダメですよ~。

「ここに落とす!」と決めて、トイレットペーパーの芯の位置や角度を決めていく。

実際に転がしながら作るので、子供も一緒に作れます。むしろ大人が夢中になったりして。

まとめると、雨の日にはちょっとだけ頭を使うような遊びを作り出したり、普段だと「もったいない!」って言ってしまいそうなことをするのがお勧めです!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ