リラックスできる夜の過ごし方!参考にしたい例を3つご紹介!

リラックス・過ごし方1

一日の疲れを取る「夜」・・・

リラックスタイムにするためには、どんな過ごし方が良いのでしょう。

「疲れているのだから、のんびりしたい・・・」

誰もがそう思っていることでしょう。

でも、のんびりしながらも、「幸せ・・」そう思える時間にしたいものですね。

中には、「どうすればリラックスできるのだろう・・」そう悩んでいる人もいるかもしれません。

ここでは、そんな方にも参考になるリラックスタイムの過ごし方についてご紹介していきたいと思います。

「これならやってみたい!」そう思えることがあれば、是非、今晩からやってみてくださいね。

キャンドルで過ごす時間・・

疲れて帰宅した夜は、一度座ったら動きたくないものです。

だからこそ、テーブルにはキャンドルを置いておきたいですね。

キャンドルに火を灯すことは、疲れていてもできるはず・・

キャンドルの火が揺らぐその光景は、疲れた人の心を癒します。

反抗期の子供を持つお母さんも、キャンドルの光を眺めていると怒りが静まる・・といっていたことを思い出します。

自分好みの香りがするキャンドルなら、より一層寛げるでしょう。

時には、テレビを消して、癒し系ミュージックを流し、雑誌をめくる時間もリラックスタイムになります。

最近は、キャンドルを扱うお店がとても多くなりましたね。

それだけ、私たちの生活にキャンドルが身近になってきているのでしょう。

キャンドルショップへ行くと、「キャンドルにはあまり興味がなかった」という人も、その空間に癒されてしまうのですから不思議です。

アルコールで過ごす時間・・

リラックス・過ごし方2

たまにはアルコールも良いですね。

オシャレな気分でワインをいただきながら、がんばった自分を癒してあげましょう。

自分のために用意したワインと好きな映画で、のんびり・・なんてステキ。

飲みすぎ・食べ過ぎに注意して、

「明日もまたがんばろう!」という気分で締めくくれるくらいがちょうど良いかも・・

マッサージで過ごす時間・・

一日の疲れで、肩はバンバン、足もクタクタ・・

そんな人も多いでしょう。

このような疲れは、テレビや映画を見ながらのリラックスタイム中に取ってしまいましょう。

ボディクリームを塗るついでに、ふくらはぎや腕、首を自分でマッサージすると、どこが疲れているかがよくわかります。

保湿でしっとりスベスベ、そしてコリもほぐれるなんて一石二鳥ですよね。

最近は、マッサージアイテムがたくさん販売されているので、リラックスタイムのお供になりそうなものを選ぶのも楽しいかも・・

ツボを押してくれるものや、足のむくみや疲れを取ってくれるサポーターなど、「リラックスグッズ」を一式まとめておけば、疲れていても自然と習慣化されていきます。

疲れを取ってくれる習慣なら是非、リラックスタイムに取り入れたいですね。

おまけ・・

この他にも、お風呂でゆったり過ごすとか、ペットと戯れる時間など色々な過ごし方があるでしょう。

人によって、リラックスの仕方は違います。

いずれにせよ、リラックスタイムとは「自分が望む過ごし方」・・ということになりそうです。

まとめ

1. キャンドルを置こう!(100均のものから、高価なものまでさまざまなキャンドルがありますね。)
2. アルコールを楽しもう!(アルコールも適量ならば、程よく疲れを取り除いてくれる媚薬・・)
3. マッサージは、究極のリラックスタイムに・・

このように、疲れた夜をリラックスさせてくれる時間の過ごし方を紹介してみました。

この三つは、私が実際にやっている夜の過ごし方です。

おススメなので、是非、試してみてくださいね。

※ キャンドルの周りには火が燃え移るものを置かないように気をつけましょうね。
※ 強い香りのキャンドルは、食事中には不向きな場合もあります。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ