洋服を簡単に自分で作るには??時間を楽しみオリジナルが作れる方法!!

洋服・自分で作る1

気に入った洋服がなかなか見つからないとききや、こんなデザインで気に入った柄や色の洋服があればいいなあと思うときは自分で作れたらいいと思いませんか。

難しいデザインに手を出すのは気が引けるかもしれませんが、簡単なものから作ってみて、少しずつ出来上がりを楽しみに作る時間は癒しのひとときになります。

お気に入りの生地を見つける

作ってみたいものを見つけるのもいいですが、私はお気に入りの生地を見つけるのが先です。

生地屋さんへ行って、生地を見て「これでこんなのを作るとかわいいなあ」などと想像するのが楽しみです。

ネットの生地屋さんでも同じです。

店へわざわざ行かなくてもいろんな生地を探すことができます。

いろんなお店がたくさんありますし、もちろん種類も豊富で可愛い生地もたくさんあって見ていて飽きません。

「この生地でこれを作るとのをお勧め」などと書いてくれていたりすることがありますので、さらに想像が膨らみます。

ですが、ネットショップでは生地の質感や種類は文字で説明を書いているため、ある程度知っていた方がいいので、生地を買ったことがない人は最初は生地屋さんで見てみた方がいいと思います。

店員さんにいろいろと教えてもらうこともできますよ。

洋服・自分で作る2

シンプルなスカートやチュニックを作ってみる

初心者の方が作ってみるなら、スカートやチュニックがお勧めです。

生地のデザインを選べば、シンプルな形でも、可愛く作れるものはたくさんあります。

スカートは、直線縫いも多く作りやすいです。

ウエストはゴムにしてしまえば簡単にギャザースカートができます。

ギャザーが段になったディアードスカートなど花柄やギンガムチェックや、無地で作っても可愛いですよね。

それに、作ったなんて人から見てもわかりません。

チュニックも袖付きや袖なし、切り替えがあるものや無いもの、と形はいろいろあるので作りやすいと思うものから取り掛かってみるといいです。色や形が違うものがたくさんあると、ファッションの組み合わせも楽しいです。

ソーイング応援サイト「ハッピーコーイング」は、細かく説明があって参考になります。

簡単ゴムスカートの縫い方(動画)

考えたり作ったり贅沢な時間

洋服・自分で作る3

最近ファストファッションなどがあるので、洋服は買った方が安いですが、自分で作った洋服は、たとえ既成の型紙を使って作っても、生地や組み合わせが違うので自分だけのオリジナルです。

洋服を縫う工程は結構あります。

型紙を取ったり、印をつけて切って縫ったり、生地選びからの時間をいれるとかなり時間がかかりますよね。

でも、少しずつ形になっていき出来上がったときの嬉しさは格別です。

私は、ちょっと間違えて「あ~あ」と思うことはありますが、かなり集中して作るのでストレスの発散にもなって癒しの時間になります。

時間を除けば、安売りで生地などを買って作れば安上がりに作ることはできます。

タグをつけてマイブランドに

バッグやポーチを作るときも同じですが、私は作った洋服にもタグを付けます。

自分の名前が入ったものではなく、お店で販売しているものですが可愛いものがたくさんあります。

洋服に付けても、人から見えるわけではありませんが、付けるとマイブランドができたようで嬉しいです。

自分で選んだ生地、自分で選んだ型紙で作った洋服にタグがついている出来上がったときの満足感はまた違います。

まとめ

1.お気に入りの生地を見つける。
2. シンプルなスカートやチュニックを作ってみる。
3.創作時間を楽しむ。
4.タグを付けてマイブランドに。

生地を見て何を作るか考えるだけでも楽しいし、ネットでいろんな人の作品を見ているとさらに作ってみたいと思います。

そんな時間も癒しのひと時になります。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ