フェルトで作るマスコットは簡単!子供も大人もはまるポイントとは??

フェルト・マスコット1

こどものころの手芸といえば、フェルトのマスコット。切って縫い合わせて、綿を入れれば簡単に作れるし、縫わなくてもボンドなどでくっつけるだけてもできます。

最近は羊毛フェルトもあって、簡単に形を作れるものから細かく精巧な動物などを作ったり、様々ですね。

こどもから大人まで楽しめるフェルトについて紹介します。

縫い代を取らずにカットするだけ

フェルトはミシンも必要ないので気軽にできます。

それに、基本的に縫い代を取る必要がありません。

型紙のまま、カットすればいいのでその段階での失敗はありません。

マンガのキャラクターを作りたい時などは、キャラクターの絵をそのまま切り取って、型紙をつくります。

それをそのまま鉛筆などで、フェルトへ写し取ります。

パーツをいくつか写し取る手間はありますが、適当な位置においてまつり縫い。

小さなパーツはボンドなどでくっつけます。

裏面は外枠をそのまま写し取って切るだけ。そして、周りを適当に縫って少々綿を入れば簡単にできてしまいます。

サンリオ等のキャラクターや、アニメのキャラクターで作るとお子さんが喜びますね。

もちろん自分で絵を描いたものを型紙にして可愛いものができます。

お子さんといっしょに考えながら作っても楽しいですね。

私は、小学校高学年から中学生くらいのころに大高輝美さんのマスコットを作るのにハマっていました。

手芸が好きな子どもでしたが、小学生でも基本的に半日から1日あればできるのがほとんどで、気軽に作れるフェルトマスコットなのでハマってしまったのだと思います。

本や材料をお年玉やお小遣いで買って、動物から毛糸で髪の毛をつけた本格的なお人形まで、かなりな数を作り、飽きず作って友達にプレゼントしたり、自分のカバン付けたり、お部屋にかざって楽しんでいました。

ここに載っているパンダはもちろんヘビも作りました。ヘビでも可愛いんです。

大高輝美先生のフェルトマスコット

フェルトでアクセサリー

ヘアアクセサリーも簡単に作ることができます。

好みの色を花の形にカットして、中心をまとめてヘアゴムをつければ可愛いポニーができます。

フェルトだと暖かい感じになりますね。円形をいくつか作って重ねてゴムをつけるだけでもできます。

色合いや形を考える時間が少しかかるだけで、実際に切ったり、縫ったりするのはほとんど時間がかからないと思います。

色合いや形をいろいろ考えてみるのが楽しいですね。

また、同じようにコサージュなどもできます。

私はお花の形につくったものをバッグにつけたりして楽しんでいます。

黒や茶色のバッグが多いので、アクセントになってかわいいです。

色を変えていくつか作ると気分が変わってたのしいです。

フェルト・マスコット2

羊毛フェルトはフェルトボールから

最近は羊毛フェルトが人気で100均でもたくさん売っています。

羊毛フェルトは、いろんな色を自分で混ぜて、好みの色にもできるのが特徴です。

専用の針でツンツンしてフェルト化し、形を作ります。

羊毛フェルトでできた動物を見かけたことはありませんか?上手に作っている人のはすごく可愛いですよね。

私も動物を作ったことがありますが、形にするのはなかなか難しかったです。

見本と全く違うものができてしまいました。

でも、羊毛フェルトの可愛さに魅かれてもっと簡単に作れるのはないかと思って探して作ってみたのが、フェルトボールです。

好きな色を適当に丸めて、40度くらいのお湯に食器洗剤に入れてコロコロしていると小さくなってフェルト化し、洗って乾かしたら出来上がりです。

ビーズを縫いつけて、ストラップをつけると簡単でかわいいフェルトボールのマスコットができます。

大きさや色を変えてたくさん作ってオーナメントにしたり、用途はたくさんです。

羊毛フェルトのブタさんは、2時間半で作れるそうです。私は別のもの作ったことがあります。

この程度なら思った形になりました。

ダイソーの羊毛フェルト(アニマルキット)#5

まとめ

1.フェルト生地は縫い代要らずで型を取るのが簡単。
2.フェルトアクセサリーは切ってまとめるだけでできる。
3.羊毛フェルトはフェルトボールが簡単。

フェルトのマスコットやアクセサリーは、自分に合った簡単な方法で楽しく作ることができます。

トートバッグってすぐボロボロになっちゃう・・・それを解決する方法はこちら
手作りトートバッグを簡単に補強するには??可愛く丈夫にする3つの方法

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ