ランニングはダイエット効果だけじゃない!私が得られた以外な効果とは??

ランニング効果1

最近ランニングする人は多いですよね。

健康・ダイエットなど目的はさまざま。

続けているとどんな変化があるでしょうか。

私は、そんなに多く走っている方ではないですが、定期的に決めてランニングをするようになって3年ほどになります。

ランニングをするメリットはダイエット以外にもたくさんあります。

私が体感したことについて紹介します。

身体や健康面の変化

距離や短時間でもいいので、週3回以上1ヵ月続けていると少しずつ変わってきます。

私が最初に変化を感じるのは体調面です。

腕を振るし、血行が良くなるので肩こりが解消されます。

ダイエット効果は短期間で劇的な変化はありませんが、まず少し引き締まってきます。

最初は、運動をしているからと食事の量を変えませんでした。

それでは体重の変化はありませんでしたので、次に炭水化物を少し控えてタンパク質を多めに摂るようにしました。

食生活も見直したおかげか、血行が良くなったおかげなのか、お肌の調子も良くなってきました。

また、朝はヨガを数ポーズして体をほぐし、走った後もクールダウンのストレッチをするので柔軟性も良くなります。

また、風邪を引きづらくなったり、軽く済むなど、呼吸器系も強くなってきたと思います。

精神面では、少々のイライラは走ることですっきりすることが多くなり前向きになってきますし、考えも整理できるようになりました。

ストレスを発散するために食欲を満たす必要がなくなりますので、食べ過ぎて落ち込むなんてことも無くなりますよね。

ランニング効果2

生活リズムを整える効果

ランニングをし始めると、その時間の確保のために、週または、一ヵ月のスケジュールを考えるようになり、計画的な行動をするようになります。

私は最初、30分~1時間程度だし「できるときに走ればいい」と思っていましたが、それではなかなか時間を確保できないことに気が付きました。

元々時間要領よく使えるタイプではなかったからです。

なので、月間の距離数目標を立て、1週間単位では天気予報と仕事の予定を見て、「今週は何日ランニングできる」と計画を立てました。

朝ランニングするなら、何時に起きるために何時に寝る、この時間までに寝るためには何時まで寝る準備をしておく必要がある、と逆算しますよね。

夕方や夜のランニングでも時間を確保するために仕事を何時までに終わらせる、などの計画が必要になります。

このことにより、生活にメリハリができテレビやネットでだらだらと時間が過ぎていくことが少なくなりました。

ランニング効果3

共通の話題で親しくなれる

ランニングをしているとか、マラソン大会に出たことを職場で話したりすると、同じ大会に以外な人が出ていたりして話のネタになり、それまで話したことが少ない人とも話すことができたりすることがありました。

また、自分が出ていなくても応援に行くことがあります。

友人や知人を応援するのはもちろんのこと、いろんな人がコスチュームや着ぐるみを着て走るので、見ていて楽しいです。

また、知人は年間5回以上大小の大会にでており、理由を聞くと「大会に出るのはお祭りを楽しむようなもの」と言っていました。

確かに大きな大会では県内外から数万人規模で人が集まり、迎える側もいろんなイベントを準備したりお祭りのようです。

ランニングを続けて練習し、マラソン大会に出るとこのような楽しみもあります。

その方はランニングで友人を増やしており、さまざまな交流もしているそうです。

まとめ

  1. ダイエット効果だけでなく体調や精神面にも効果。
  2. ランニングの時間を計画することにより生活リズムが整う。
  3. 共通の話題で親しい人が増えたり新しい仲間が増える。

マラソン大会に出場したら必ず何らかの出場記念品があり、オリジナルタオルやTシャツの場合もあります。

私が出る大会では上位でなくても到着順によって商品が当たるなどのお楽しみがあります。

また、大会に出るために、一緒に練習をしたりして仲間を増やすこともできます。

ランニング教室に参加するとさらに増えると思いますので、今後チャレンジしようと思っています。

Sponsored Links

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ