Edyの利点とは??知らないとヤバい!!薬局、ファミレスでも大活躍!!

edy 利点1

電子マネーの楽天Edy、知っていますか? 

これを持っていると「現金利用をしていた場所でのポイントがざくざく貯まる」と聞いてはじめてみたのですが、さっそくポイントが貯まりつつあります。

そして、ポイントも2倍取りになっていて、個人的に知らないとヤバい!なんて思っていたりして。

主婦なら持っていて損はない、楽天Edyカードの魅力に迫ります!

私はこうやって使う!ポイント2倍取りで!

edy 利点1

楽天Edyは、コンビニエンスストアやファミレスなどの飲食店で楽天スーパーポイントが貯まるカード。

以前は私も「ファミレスとかで楽天ポイントが貯まるならいいかも」とぼんやり思っていただけでした。

それを変えたのは、マツモトキヨシの大型店舗。

マツモトキヨシのようなドラッグストアでも楽天Edyが利用できるんですよね。

レジのところに小さく書いてあります。

コンビニエンスストアだけじゃないんですね。

知っているお店だけでも、紀伊國屋書店のような本屋、イトーヨーカドーやアピタのようなスーパー、ドラッグストアだとスギ薬局やアマノドラッグでも使えます。

そして家電量販店だとビックカメラや、デパートの名鉄百貨店やセントラルパークでも使えます。

愛知県でコレなので、東京ではもっと利用できるお店って多いんじゃないかな~?

マツモトキヨシでは、時々、ドラッグストアコスメを買います。

その時に、現金ポイントカードと楽天Edyを出してポイント2倍取り!それまで現金で払っていたので、それがポイントになるのならお得です。

楽天Edyでのポイント還元率は……?

edy 利点1

楽天Edyでは200円利用で1ポイントが貯まります。

現金の利用よりもお得で、私の場合だと、先述したようにマツモトキヨシでコスメを買ったり、主人のお給料ではなくてファミレスで自分が稼いだお金を使ってご飯をおごりたい時に使うようにしています。

ファミレスなどでは2000円で10ポイント。

1ポイントを1円分で交換できるので、10円分のキャッシュバックになります。

わずかですが、主婦たるもの10円でもムダにしたくないですから活躍していますよ~。

中にはサークルKサンクスだと200円利用で2ポイントが貯まったりとお得なお店もあるので、コンビニを利用したい時はサークルKやサンクスを選ぶようにしたりも。

工夫してポイント生活をしています。

便利だと思うのは、「現金ポイントカード」を利用する時。

マツモトキヨシだと、現金ポイントカードがあります。

最近ではクレジットカードでも利用可能になったようですが、過去はできませんでした。この現金ポイントカードと楽天Edyは併用可!

現金カードと楽天Edyを利用すると、ポイントのW取りができます。

マツモトキヨシのポイントも貯まり、楽天Edyのポイントも貯まるので、200円で1ポイント=0.5%の還元率の楽天Edyもなかなか捨てがたいわけです。

確か、ビックカメラでも現金のポイントカードがあったはず。

ビックカメラでは、現金とクレジットカードのポイント利率が違っていたと記憶しているので、そんな場所では現金扱いになる楽天Edyで払うと、お店のポイントカード+楽天EdyポイントのW取りになってお得になりますよ。

見逃せない!お得なキャンペーン

edy 利点4

この楽天Edy、利率はそこまでよくないものの、注目なのは、お得なキャンペーン。

楽天Edyのホームページに書かれているキャンペーンは定期的に実施されていて、大体が期間限定なので見逃さないようにしています。

例えば、チャージすることで400ポイントがもらえるキャンペーンがあります。

楽天Edyのカードは最初の1回だけ購入する必要がありますが、400ポイントがもらえれば実質無料ということに。

また、楽天スーパーポイントを楽天Edyにすると3%のEdyが追加加算されたりするキャンペーンもあるので、楽天スーパーポイント、楽天Edyの両方を持っている方は利用することでお得になるわけです。

私は自分用として1枚持っていますが、家計の分も含めて2枚持ちをしようかと思っています。

楽天スーパーポイントから楽天Edyに、また楽天Edyから楽天スーパーポイントに、どちらからも移すことができるので、ポイントを利用するのも楽ちんです。

まとめ

1.マツモトキヨシではポイントW取り!
2.200円で1ポイントゲットが可能
3.現金ポイントカードのポイントも貯まる!
4.楽天スーパーポイントとの相互利用も可能

楽天ユーザーの人は持っておいて損なしなカード。

設定が面倒かもとおもって避けているのなら、はじめなきゃ損ですよ。

周囲の人は既に始めているかも??

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ