知らないと損!!はぐみんカードは薬局でも某ハンバーガーでも使えてお得

はぐみんカード1

子育て中は、とにかくお金がかかる!おむつ代に粉ミルク代に、洋服代に……。

あまりにも貯金できなくなるので、家計をひきしめなくちゃと思ったりします。

そんな時知った「はぐみんカード」がとにかく使えます。

「はぐみんカード」自身は東海地方のみの適用になるものの、はぐみんカードに似た子育て支援の制度を取り入れている自治体はたくさん。

住んでいるところに、似たような子育て支援制度があるのなら、利用しなきゃ損ですよ。

はぐみんカードって何?赤ちゃんが産まれたら発行を!

はぐみんカード2

東海3県の協賛店で使えるはぐみんカード(詳しくはこちら)。

私は、偶然行った、生協のレジで「はぐみんカード持っていますか?」と聞かれたことが知ったきっかけでした。

生協では、限られた店舗ではあるものの、はぐみんカードを提示すると、1000円以上購入で5ポイントのポイントがつきます。

1日1回限りではあるものの、ポイント加算は嬉しいですよね。

知らなかった私は、カードの存在を聞いて、さっそく自治体に行き、交付してもらいました。

カードは18歳未満の子ども、保護者、妊娠中の人が利用できます。

18歳まで使えるのならかなり長期間使えます。

はぐみんカードは、知らなかったら、持っていなかったらサービスが受けられません。

私も、「カード持っていますか?」と言われなかったら、知らないままだったサービス。

もしかしたら東海3県に住んでいて赤ちゃんを育てているママでも、知らない人は多いかもしれませんね。

利用できる店舗は?あのハンバーガー店も!

はぐみんカード3

画像出典:PhotoAC

このはぐみんカード、便利だと思ったサービスは、スギ薬局で毎週金曜日、ベビー用品や医薬品、2品まで5%オフになるサービス。

これを持ってからは、スギ薬局に毎週金曜日に買いに行くようになりました。

医薬品は高額なものも多いので5%オフでも嬉しいです。

V-ドラッグでは毎週月曜日にベビー用品5%オフ。

サガミでは、小学生以下の子どもにソフトドリンクサービスもあります。

全てを網羅しているわけではありませんが、使える店舗は幅広いです。

中には信用金庫で定期積金の利率が上がるなんてサービスも!

マクドナルドではチーズバーガーセットが特別価格になったりして、「このお店も使えるんだ!」なんてことがわかります。

住んでいるところはどう?子育て支援カードを調べてみて

はぐみんカード4

画像出典:PhotoAC

「はぐみんカード」は愛知県を中心とした東海3県の子育て支援事業です。では、他の県は……?

調べてみたところ、埼玉県では「パパ・ママ応援ショップ優待カード」が、静岡県では「しずおか子育て優待カード」が、大阪府では「まいど子でもカード」が、松戸市では「子育てみらいカード」があるようです。

知られていないだけで、地方自治体が独自に展開している子育て支援のための優待カードは多く、住んでいるところでも割引適用、サービス適用されるカードがあるかもしれませんよね。

基本的に、どの自治体でも、カード申請は無料。

そのため、まずは申請だけでもしてみるのがおすすめ。

子育てをしている家庭は、できるだけ得したいですよね。お得にお店を利用してみましょう!

まとめ

  1. 「はぐみんカード」は子育て中のママは申請しておくべき
  2. ドラッグストアやハンバーガー店でも使えて便利!
  3. 生協では1000円で5ポイントゲットに
  4. 他の県でもある!子育て支援の優待カードはお得すぎる!

子育て支援の制度は知らない人はそのままスルー損しているかも。

知っている人だけ得できる制度です。

外食時のソフトドリンクプレゼントやドラッグストアの5%オフは少額ではあるものの、それぞれがお金。

積み重なるとかなりの金額になること間違いなしです!

手間ではあるものの、1度交付すれば何度も使えます。

そのため、カード交付だけでもしておくのがいいですよ。

Sponsored Links

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ