ヨガで血行を良くするには?体が硬くてもできる簡単な3つのポーズ

ヨガ血行1

つらい冷え性や肩こりを改善するために、色んなグッズや飲み物等ものが売られています。

私も、冷え性なのでよく「しょうが」を紅茶に入れて飲んだり、

夏でも冷たいもの食べないよう気を付けたりしています。

ストレッチやヨガも冷え性や肩こりの改善にいいと言われていろんな方法が本やネットで紹介されていますよね。

ヨガって、難しそうだと思いませんか?そんなポーズ私にはできない・・・・。

でも、ヨガは難しいポーズの通りにやるよりも、

呼吸や自分のできる範囲内でポーズをとることがポイントなんです。

体が硬い私が血行をよくするためにやっている簡単な方法を紹介します。

朝の3ポーズで目覚めスッキリ

ヨガ血行2

私はあまり目覚めの良い方ではありませんが、朝活のために早く起きています。

起きるのはできても、ボーっとしてしまうので、頭をすっきりさせるために3ポーズやって目覚めさせます。

ひとつは「三日月のポーズ」。

まっすぐに立って、両腕を天井に向かって伸ばし手のひらを合わせます。

腕を真っすぐのまま、息を吐きながらゆっくりと右へ向かって5秒、もどって左へも同じようにします。

体側が伸びて、肩回りにも効きます。

ふたつ目は、三日月のポーズから手を真上に戻して、

そのまま腕を伸ばしたまま膝をゆっくりとまげていき「椅子のポーズ」をします。

膝を曲げるとき、上体が前傾にならないように天井に向かって真っすぐのままになるように気を付けます。

膝は90度曲げることを目指しますが、足首が硬い私は、そこまでできません。できるだけで構いません。

これで、下半身も血行がよくなり全体的に目覚めてきます。

さらにそのままの体勢から片方の足を前に出して、膝を90度にしてさらに状態を伸ばします。「戦士のポーズ」です。

足を戻して反対の足も同じようにします。

布団の中でノビをしたり、ウエストをねじって伸ばしたりする方法もありますが、

布団から出てやった方が、目覚めがすっきりします。

ストレスと血行には関係がある?ヨガで溜まったストレスをリフレッシュ!!

ヨガ血行3

実は、ストレスでも血行が悪くなるんですよね。

それはストレスが溜まることで自律神経が乱れてしまうからなんです。

詳しい内容はこちらの記事でお話ししています↓
http://reinanne.com/hiekaizen/jiritsusinkei/

一日のストレスや疲れもほぐしていくのもヨガです。

足の指を一本ずつ丁寧に一本ずつ10秒ずつ左右にぐるぐると回していきます。

足先の血行が良くなり、ぽかぽかとしてきます。

それが終わったらさらに左右の足首を回します。足首の柔軟性にも効きます。

足先が終わったら、順番に関節をほぐすポーズをしていきます。

硬くなった関節をほぐすことで、血行もよくなっていきます。

呼吸を止めることなく、ポーズを決めるときは吐きながらを意識して行います。

あぐらをかいて、足裏を合わせて上体は真っすぐ座ります。

次に足に向かって頭をさげます。背中を丸めて肩甲骨を開きます。息を吐きながらさらに肩甲骨を開いていきます。

ゆっくり上体を上げて、次は足の付け根から上体を倒していきます。

股関節が硬い人は頭が床へ着きません。着かなくてもゆっくりと呼吸とともに下げていきます。

10~15秒かけてゆっくり頭を落としていきます。

このポーズでももの裏が伸び、股関節にも効くポーズです。

あぐらが苦手な人は足を前方に伸ばして前屈をゆっくりとやっても良いです。

慣れてきたらポーズを長く

ヨガをやったことがない、

体が硬いなど難しい人もできる簡単なポーズを紹介しました。

通常は10秒程度を少し長めに20~30秒または1分近くポーズをすることで、

血行が良くなりリラックス度が上がります。

やっていたポーズに慣れてきたら、もうポーズを少しずつ増やしてみましょう。

例えば、ねじりを入れてみるだけでもいいです。徐々に柔軟性が上がってきます。

まとめ

  • 朝のポーズで血行を良くして目覚めさせる。
  • 足先や下半身の血行改善はストレスにも効く。
  • 慣れてきたら、ポーズを増やして柔軟度アップ。

ストレスや疲労は血行不良の原因でもあります。

一日の終わりには、テレビを見ながら、力を入れずにゆっくりとヨガのポーズをしてみるとストレスの解消になります。

ゆっくり呼吸をしながら行うことと、無理をしすぎないことがポイントです。

力を入れすぎたり、無理をしては逆効果になりますので、注意しましょう。

なかなかヨガをする時間がないって人は、

たった5分のストレッチでも血行がよくなりますよ!

つらい肩こりにすぐ効く!たった5分で楽になる3つのストレッチとは??>

Sponsored Links

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ