子育て中のご飯の支度、なるべく手早く済ませたい!時間短縮のコツ

子育て・ごはん1

子育て中の食事というのは慌ただしいものです。

作っている最中に泣き出す赤ちゃん、騒ぎ出す子供。

ひっきりなしに呼ばれる「ママー!」の声。

子供が寝ている時間やおとなしく遊んでいるときにまとめて作ってしまいたいけれど、掃除洗濯、買い物にちょっとした外出など、ほかにもやることが山ほど…。

私はめんどくさがってスーパーのお弁当を日替わりで毎日買っていたら、当時3歳だった娘が「スーパーのお弁当って、最初おいしかったけど全部おんなじ味がする」と…!

味覚障害一歩手前でした。

それ以来なるべく作るようにしていますが、結構時間がかかっちゃうし、何よりやっぱり面倒…。

そんな私でも実践できている、なるべく時間を短縮できる、そんなコツをご紹介します!

1.食材は多めに切ってしまう

子育て・ごはん2

「時間があるときにまとめて切っておきましょう」という記事を見かけますが、子育て中に時間なんてない!というのが本音だと思います。

そんなまとまった時間があるならむしろ寝たい…なんて。

だから、普段の食事の支度の時に、ちょっとずつやることをお勧めします!

例えば、いま作っている食事ではニンジンを半分だけ使うんだけど、なんていうときに、半分といわず、1本切ってしまいましょう

。大きさはいま作っている料理で使うサイズでOK!
1本使う料理なら、2本切っちゃいましょう。

「まとまった時間」は取りにくいけれど、半分を1本、1本を2本切るくらいなら、そんなに時間は変わりません。

多めに切った分は、そのままジップロックで冷凍庫へ。

少量のほうが使い切りやすいので、賞味期限とかそんなに気にしなくても大丈夫。

1週間くらいで使い切っちゃいますよ。

ちなみに私は大体ニンジンは薄いいちょう切りが多いです。

これが一番汎用性が高いんです。

カレーもシチューも肉じゃがも全部これ。

乱切りなんかじゃなくていいんですよ、子育て中ですもの。小さいほうが子供も食べやすいし!

2.翌日分を作ってしまう

中途半端に残ってしまったキャベツや大根、きゅうりなど。

このあたりは小分け冷凍もなかなか厳しいかな…というものは、一口サイズに切って常備菜を作っちゃいましょう。

なんか味付けとか面倒だなぁ…って思ったあなた!私と一緒ですね(笑)

そんな時は万能調味料、塩麹の出番です!

なんでもかんでも余った野菜はジップロックに入れて塩麹をギュッとかけます。

空気を抜いてもみもみしたら冷蔵庫へ。

次の日には立派な副菜になってますよ~。

鶏肉の照り焼きを作るときは、たれをちょっと多めにしてゆで卵を一緒にフライパンへ。

ほっとけば味付け卵風になります。

シイタケやエノキなど、使い切っちゃってもいいんだけど、ちょっと多いんだよな~という食材は、コンソメスープにしちゃいます。

翌日ウインナーでも入れてあっためなおせば立派なスープになるし、おかずを作るのも面倒…なんて日は、ご飯を入れてとろけるチーズをかければリゾットに大変身!

時間のないママは大変!息抜きしてる?
ワーキングマザーこそ息抜きが必要だ!私の3つの罪悪感なしの息抜き!

3.時間にお金を払う

子育て・ごはん3

時には楽したっていいと思うんですよ。

毎日ゼロからきちんと作るなんて無理だし。

そうしなきゃいけないって思うともうそれだけで超プレッシャー!

だから、たまには楽しましょ!

楽っていうより、料理を作る時間にお金を払うってイメージで。

いまは宅配がとっても進化していて、料理完成一歩手前まですでに出来上がっているものもあります。

私がよく利用していたのは「おうちコープ」と「ローソンフレッシュ」。

おうちコープは子供が1歳までは宅配料が無料なので、離乳食を買ったり、冷凍食品を買ったりとても便利に使っていました。

1歳になって仕事に復帰すると、不在時に玄関前に置かれたままになるのが嫌で、宅配をやめてしまいました。

だって「うちいま誰もいませんよ~」って言ってるようなもんですからね。

玄関脇とか、ちょっとでも隠せるところがあればよかったんですけど。

でもやっぱり作るのは大変で、毎日スーパーのお弁当を1つ買って子供と半分こしていたら、冒頭の言葉…。

「こりゃまずい!」と探して新しく始めたのがローソンフレッシュでした。

これは本当に便利でした。

「キッチント」というシリーズなんですが、材料も切ってあって、タレもついてきて、家では焼いたり混ぜたりするだけ!

全体的に少し量が少なめなので、子供がしっかり食べるようになるとちょっと物足りなさを感じますが、それまでは大活躍ですよ!

まとめ

1.食材は普段の準備の時にちょっとだけ多く切ってしまう
2.翌日の副菜・スープも一気に作って冷蔵庫へ
3.時には時間にお金を払って楽しよう!

食事は毎日食べるものだし、そのための準備もかならず行いますよね。

その時に、ほんの少しだけ手間を増やせば、ご飯の時間がとっても楽になりますよ。

でもちょっと疲れちゃったな…って思ったら、自分のためにお金使っちゃいましょうね!

離乳食づくりも毎日大変・・・そんなあなたへ!
離乳食作りはずぼらな方がうまくいく!?手作りを楽しむための4ステップ

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ