レジャー費も節約できる!!節約家の私が実践している3つの方法

レジャー費節約1

子どもは、お姉ちゃんが、やっと幼稚園に入園しました。

それまでは、昼寝をしなくなってきた女児に、元気いっぱいの男児を抱えて大変だった私。

だからエネルギーいっぱいの子供たちを外に連れ出すようにしてました。

毎日公園では飽きてしまうから、違うところに連れて行ってあげたいな~と考えていました。

でもお出かけすると困るのがレジャー費です。

何かとお金がかかるんですよね~。

私は定期的に母の手伝いがあるので収入が入るとは言え、収入も限りがあります。

かといって、おでかけしないと昼寝もしないし、からだを動かさないと夜も寝ないしの悪循環。

レジャー費も、あるだけ使っていては貯金もできません。

そこで、節約家の私は調べまくって3つのレジャー費節約の方法にたどり着きました。

子供も満足、お財布もホッコリな方法をご紹介します!

そういえば!夫が持っているJAFカードを有効活用

レジャー費節約2

私がまず取ったのは、夫が持っていて使わないままだったJAFカードを利用すること。

ある時、ファミレスで「JAFカード持っていますか?」と聞かれました。

持っていると、食事代金が10%引きになるというのです。

先に車に乗っていた夫を呼び戻し、JAFカードを提示。

それまで知らずに定価払いをしていました。

そして、インターネットで検索してみると、JAFカードがかなりお得だということに気づいたんです。

JAFカードの会員優待情報のページには、海外ツアーや、遊園地、テーマパークでも割引ができると書いてあります。

例えば、大阪のひらかたパークや静岡の修善寺虹の郷、札幌だと白い恋人パークが割引になります。

私の近くの施設はないかと検索したところ、ありました!

JAFカード提示が必要なので、もし家族が持っているなら持参が必要。

ですが、ちょっとした割引が適用され、家族全員で1000円以上の節約になることもあるかも……。

もちろん、これはつもり貯金にあてましょう!

勤めている会社の福利厚生はどう?節約できそう?

レジャー費節約3

自分自身、会社勤めをしていた時に、福利厚生が充実していたので、夫にも聞いてみました。

するとありましたよ。年間、チケット使用で割引になる優待券が。

遊園地や博物館、テーマパークや水族館など該当施設で使え、2枚のチケット。

中には数百円の大人料金が0円になるところもありました!

4月1日~翌年3月31日までのチケットは、使わないとそのまま無効になってしまいます。

それではもったいないですよね。

遊園地、博物館などは1歳児には早すぎるかとも思ったのですが、母も一緒に来てくれるというので、その中の1枚を利用して行ってみることに。

2人とも、幼稚園前だったので、平日の午前中に行き、人があまりいない車の博物館を楽しみました。

すいているからこそ、親もゆったりした気分で巡ることができましたよ。

ペットボトルそのまま捨ててませんか??実はお金になる方法があるんです・・・
ペットボトルを回収に出すだけでお金になる?!私はこれで得してます!!

地方の遊園地が狙いめ?レジャー費が節約できる!

レジャー費節約4

子育てしていて、私が驚いたのは、遊園地は知名度が高いところだとすごく値段が高いこと。

入場料だけではなく、1日パスポート代などもかかり、家族で5000円以上することも普通です。

そして、駐車場代だってかかります。

でも、市街の交通公園などは、似たような施設なのに1チケット50円のところがありました。

また、市が運営している児童館は、アスレチックがあるのに無料で遊べたりもしました。

我が家は車を持っているので、ガソリン代をかけても、テーマパークよりお得かも、とコスパのいい施設に行くようにしています。

1歳、2歳児にとってみると、すごく高いお金を払ってテーマパークに行っても、うっすらとしか記憶がないのも悲しいもの。

上手に遊ばせて、レジャー費の節約もしています。

まとめ

  1. JAFカード持ってる?あるなら優待で遊園地も割引に
  2. 会社の福利厚生も調べてみよう!かなりお得に遊べたりも
  3. 浮いたレジャー費は節約!つもり貯金もできる!
  4. 市街地の交通公園や遊園地は安いかも?要チェックすべき!

幼稚園に通うようになって、平日のおでかけが減った分、レジャー費は少なくなりそうです。

ただ、今までのリサーチ結果で、土日もレジャー費を節約しつつ動けそう。

幼稚園、小学生になっても、安く、賢く遊びたいものですよね。

子供にお手伝いさせてる??私の失敗談をご紹介!!
子供にお手伝いさせたほうがいいそのワケは??手遅れだった私の体験談

Sponsored Links

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ