草取りを楽にする方法とは??草取りに悩んだ末に実践したことは・・

草取りを楽に1

「広いお庭には芝を植え、お家の裏には菜園を作る・・」

フェンスで囲われた、そんなオウチに憧れていたものです。

でも、その夢が実現すると新たな問題が・・

それは「雑草」との戦い・・

きれいなお家に雑草は似合いません。

せっせと雑草を取るものの、雨が降ればまた雑草は成長し、憧れのお庭で寛ぐ時間を裂いてしまうのです。

そんな私が、長年かかって「草取り」という大仕事の負担を軽くするために実践したことを、ここでご紹介したいと思います。

雑草が目立たなくなる植物を植えよう!

草取りを楽に2

「芝桜」や「トキシラズ」を植えると、雑草が目立たなくなりますが、植える前に雑草を根気よく取り続ける必要があります。

ある程度、雑草の根っこを取り除いておけば、

生い茂ったお花の間から「ニョキッ!」と出て来る「スギナ」や、

「クローバー」の根っこを引っこ抜いてあげるだけで見栄えが良くなり、

雑草にお花の栄養を摂られずにすむので活き活きと成長してくれます。

コンクリートでも咲けるこれらの花は、雑草に勝てる強さを感じますね。

また、ハーブも根を張り、一面へと広がっていく植物です。

カモミールなど、カワイイお花も咲かせてくれるものも・・

ですから、雑草よりは見栄えも良いハズ・・

ハーブは、香りを楽しめ、虫除けにもなりますが、増えすぎるのがたまにキズ・・・

植えるときは、増えても差し支えのない場所を選びましょう。

このように、毎年咲いて、年々増えていく植物を植えると、雑草を取るスペースは年々減っていきます。

ひと工夫で雑草を減らす

草取りを楽に3

レンガを敷くことでも、雑草が生えるスペースを少なくすることができますね。

レンガの隙間からも、草が生えてきますが、レンガなら除草剤も散布できます。

除草剤ではなく、ゆで汁など熱湯をまいて、雑草を枯らすという人もいますね。

しかし、中には、レンガの間に生えたコケのようなグリーンを「味があって良い」と言う人も・・

レンガの他には、防腐加工された枕木を敷いているオウチもありますね。

こういった工夫は、単なるオシャレだけでなく、雑草が生えるスペースを少なくすることにつながっているのです。

断捨離すると以外な効果が・・・!!記事はこちら!
断捨離体験から学んだ事 「断捨離は、実はストレス解消法だった!」

草取りを楽にするには

このように、雑草を少なくする工夫は色々ありますが、それでも「草取り」という仕事をしなければならないのなら、できるだけ楽にやりたいものですね。

私が実践している「草取りラクラク法」は・・

「お手製イスでお尻を安定させる。」です。

草取りは、しゃがんで、前かがみになるため、お尻の位置は重要。

腰を痛めない程よい高さのイスはお手製に限ります。

イスをずらしながら、草取りをすれば、ずっと座ったまま草取りができるので、休憩も取りやすくなりますよ。

ずっと下を向いている姿勢は、首コリの原因になります。

時折、空を眺めるとか、道行く人と会話をするとか、楽しい草取りタイムにしてしまいましょう。

そして、夏の炎天下は避け、朝や夕方の涼しい時間に。

草を取る範囲は、自分で無理なく少しずつにすると、苦にならないはず・・

私は、若い頃、一日で終わらせないと気がすまないタイプでしたが、熱中症・腰痛・頭痛で家事すらできなくなったこともあるので、最近は、何日間かかけて、ゆっくり終わらせるような気持でやっています。

そうすることで、気持がとても楽になりましたよ。

まとめ

  1. 雑草を目立たなくする多年草を植える!(その効果が実感できるまで数年かかりますが、その間は、せっせと雑草を取っておくことで将来、楽になりますよ)
  2. レンガや枕木で、雑草スペースをオシャレに減らす!
  3. 熱湯や塩など、雑草もエコの知恵で減らせる!
  4. 「草取り楽チン術」を身に付け、毎日少しずつこまめに草取りをすれば、雑草はどんどん減っていく!

このように、「草取り」でたくさん苦労を積み重ねてきた私が、たどりついた「雑草を減らす方法」をご紹介させていただきました。

苦痛が伴う草取りだからこそ、知恵や一工夫が必要ですね。

オイシックスって高級だからなかなか頼めない!!って方にはこんなワザも!!
オイシックスは使い方次第で節約できる?!私が編み出した使い方とは??

Sponsored Links

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ