母乳パッドっていつまで使う?3人育てた私がオススメ活用法をご紹介!!

母乳パッド1

母乳育児のお母さんの必須アイテムと言えば母乳パッドですよね!

長兄くんを授かったとき、出産準備品の中に“母乳パッド”と書いてあるのを見て「なんだそれ?何に使うの?」と思った私。

何に使うか分からなかったので、とりあえず用途を調べ、どこに売っているかだけをチェックして購入は保留にしていたのですが…

産まれてすぐに買いに行ってもらう羽目に(笑)

今ではすっかりお世話になっています。

でもこれっていつまで使うんでしょうね?

みんなは母乳パッドの交換頻度ってどれくらいなんでしょうか?

三兄妹をほぼ完全母乳で育てた私の使い方をご紹介します。

1.母乳パッドを交換するタイミングっていつ?

母乳パッド2

母乳パッドってじわじわと溢れ出てくる母乳で下着が濡れないためにつけておくものなんですってね!

冒頭でもお話しした通り、長兄くんのときに「なにそれ?」と思い、用途と売り場所だけを抑えて私は準備しませんでした。

そもそも母乳がどんな風に出るかも、ましてや溢れてくるなんて初産の私には知る由もありません。

母もミルクで私たちを育てたらしいので、母乳についてはよく知らないとか。

当時の私は水道の蛇口よろしく、赤ちゃんが飲みたいときに吸い始めたら出て、お腹いっぱいになったら止まるものだと思っていました。

けれど、ふたを開けてみればどうでしょう!?

乳腺が開通したお乳はまるで乳牛かっ!?ってほど腫れあがり、授乳の感覚が開くとダラダラと漏れてくる始末。

しかも赤ちゃんに吸われることに慣れていない乳首はパットがないと布に擦れて痛いのなんのっ!!

すぐに母乳パッドを買いに行ってもらいました。

母乳パッドについて最近知ったことがあります。

あれって「授乳の度に新しいものに交換してください」ってパッケージに書いてあるんですね。

しかもそれに気付いたのは何故か旦那くんでした。

三人目を母乳で育てている今なのですが…そんな私は初めて知りました(笑)

そうとは知らない私は、母乳パッドがお乳を吸い過ぎたり、汚れてしまったりしたタイミングとお風呂に入って下着を着替えるタイミングで交換していました。

パッケージに書いてある半分も交換していないことが判明!

「毎回変えないと何か悪いことがあるのかしら?」と思い、メーカーのホームページをのぞいてみたところ…

「栄養たっぷりのお乳が浸み込んだ母乳パッドはばい菌にとってはパラダイスです」

ぱ…パラダイスなのっ!?

「それが開通した乳腺から中に入ると炎症などを引き起こしてしまう可能性があるばかりか、お乳を吸う赤ちゃんにも…」

聞きたくない!聞きたくないぞぉ~。それってまずいことしてたってことじゃんか!

けれど改める気もあまりなく…

長兄くんのときはまるでホルスタインのようになっていた私のお乳ですが、次兄くんのときはそれほど張ることもなくなり、お乳も受注生産のようになっていました。

身体って賢いんですよ。

次兄くんがお乳をいつも飲んでいる時間が近づくとじわじわっとおっぱいで生産が始まる感覚があり、いいタイミングで次兄くんのお腹を満たしてくれます。

長兄くんのときとのあまりの違いに、お乳が出ていないのではないかと心配になって病院に行ったのですが、助産師さんが次兄くんの丸々としたフォルムを見ただけで「特に心配する必要はありませんよ。」と言われてしまいました。

姫ちゃんに至っては生産が間に合いません。

母乳を与えることに慣れた身体がやけにのんびり構えているのと、3人の相手をしていることで私自身の活動の方に栄養がいるのかパンパンになるほどの生産はないかな。

吸っても出ないときはお姫がガブッ!と噛みつくと出始めます。

蛇口をひねるような感覚はまるで水道ですね。

そんなわけで、現在汚れているような感じもないので今まで通りの交換のタイミングで使っています。

赤ちゃんの人見知り・・困りますよね。。
赤ちゃんの人見知り克服のため、赤ちゃんと臨んだ3つの行動とは??

2.母乳パッドっていつまで使った?

簡単に答えるとお乳が出なくなるまで!

兄貴ズのときは前項のタイミングで交換しながらお乳を止めるまで使い、お乳を止めてもまだ数日はおっぱい内ではお乳を生産はしているので飲まなくなったものが沁み出してきます。

そのためそれを防ぐために使っていました。

おっぱいが張ってくるとどうしても漏れることがあるので付けていないと下着が濡れてしまうこともありますしね。

赤ちゃんが吸わないので交換頻度は少なめでした。

お風呂に入るときに交換するくらいの少なさです。

あと少し残った母乳パッドの使い切りなんかの調整にはちょうどいいかな。

そうして数回溜まったお乳を手で絞ったりしているうちにお乳は完全に止まってしまうので、止まったら母乳パッドも卒業しました。

現在、授乳真っ最中である姫ちゃんの場合は、沁み出るほど生産がないようなのと、赤ちゃんも三人目ともなると乳首も吸われ慣れているので布が擦れて痛いこともないので、付けていない日もちょいちょいあります。

お風呂上りに付け忘れるとそのまま一日過ごしたりしていますね。

授乳の際に吸われていない側から漏れそうだぞ!と思ったときは咄嗟にタオルやガーゼでカバー。

それくらいの生産量しかないようなので、姫ちゃんには9か月くらいまでミルクも飲んでもらっていました。

最近は離乳食も進み、食べられるものが増えたことと食べ物への飽くなき探求心のお陰かミルクはそれほどいらない様子。

卒乳のタイミングまで母乳をあげられたらいいなぁ~と思っています。

母乳パッド3

残った母乳パッドはおそらく義姉さんにお譲りすることになるかなぁと思いつつ。

長兄くんのときは下の子を作る予定があったのできちんと封をして生理用品などと一緒に保管していました。

消耗品なので買うとやはりお金もかかる。

使用期限があったり劣化が早い物でもないので“一度封を切った”ことさえ気にならなければ保管はいい手ですよ。

まとめ

  1. 使い方は確認した方がいいですね
    私のように知らなかった…とならないためにも(笑)
  2. お乳が出なくなるまでお世話になりました

赤ちゃんのペースで生活しなければいけない授乳は大変な作業ですが、柔らかな赤ちゃんとべったりしていられる時間ももうすぐ終わりと思うと寂しくもありますよね。

赤ちゃんたちがお乳を見たときに口を大きく開けて食いついてくる様は本当に可愛い!

それもそろそろ見納めです。

可愛い顔や仕草をたくさん見ておきたいものですね!

赤ちゃんがグズグズしてたら気を付けて!!気づいたらなってるかも?!
知らないと怖い中耳炎。きちんとケアしたい赤ちゃんのお熱と鼻水

Sponsored Links

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ