子供にお手伝いさせたほうがいいそのワケは??手遅れだった私の体験談

子どもお手伝い1

子供の手伝い、厄介ですよねはっきり言って。

なんでもやりたがりの2歳から始まって、幼稚園や保育園を卒園するまでは大体子供は「お手伝い魔」。

洗濯物を見れば「○○が畳む!」

コンロの前に立てば「○○が作る!」

洗い物をしていれば「○○が洗う!」

あたしがやったほうが早いんだよなぁ…。

やらせてもうまくできないから結局やり直しで二度手間だしなぁ…。

どうせ出来なくてギャン泣きするんだよねぇ…。

めんどくさ。

結局自分がやったほうが早い。

どこのサイトを見ても、なんのコラムを見ても、

「子供にはお手伝いをさせましょう」

「お手伝いカードを作って満足度を高めましょう」

「子供の自己肯定感を醸成することがとても大切です」

などなど。

いやいやわかってますよ、やらせたほうがいいことは!

わかってても面倒なんですよ!

そうして「子供に手伝わせることをさぼった」私の顛末は、惨憺たるものです。

もうホントに大後悔。

大事なことなのでもう一度言いますよ。

子供に手伝いをさせなかった私はいま、本当にものすっごく後悔しています!

そんな私のようにならないために、私が現在直面している「手伝わせなかった悲しい結果」をご紹介します。

1.出したものを、しま…えません

子どもお手伝い2

おもちゃが出しっぱなしなんて当たり前。

パジャマは脱いだ場所で脱いだまま。

リビングのテーブルで勉強しっぱなし。

本も読みっぱなし。

子供たちが寝た後に片付けて、朝学校に行った後には片付ける前に逆戻り…。

ムキィーーーッッッ!!!

ってなります。

幼児の話じゃありませんよ。

小学生の娘の話です。

一日に何百回「片付けなさい!」と言っているのやら。

「片付けないと捨てるよ!」と言って実際に目の前で捨てたものも数知れず。

幼児のうちはいいんです、散らかしたってかわいいもんですよ。

せいぜいレゴが出てるとか、積木が片付いてないとかそんなもんです。

でもこれ、小学生になると地獄です。

ゲーム、漫画に始まり、教科書、ノート、ランドセルなど大きいものならまだしも、鉛筆1本、消しゴム1個、髪留めのピンなど小さなものがあらゆるところに点在します。

娘がもっと大きくなって、マニキュアや口紅、ピアスやシャーペンの芯などが散らかってるところを想像するだけで吐き気がします。

いま幼児の子供を子育て中のみなさん。

片付けのお手伝いを習慣化させるなら今ですよ!

小学生になってからでは完全に手遅れです。

「お片付け競争」でも、「お手伝いカード」でもなんでもいいです。

子供に手伝わせるためのノウハウはネットにいくらでも転がってますので、ぜひ徹底的に実施してください!

いまめんどくさがって片付けさせることをさぼると、後々ツケが10倍になって返ってきて、私みたいに片付け地獄に落ちますよ!

子供を叱るとき、つい怒鳴ってしまいますよね・・・
怒鳴る子育てから抜け出すために向き合わなくてはいけない3つのこと

2.洗濯かごの洋服は裏返しのまま

脱いだ洋服は洗い物用のかごに入れる。

たったそれだけのことが出来ません。

そう、これも小学生の話です。

言いますよ、「脱いだ服は洗濯かごにいれなさい」。

言えばやりますよ。

ただし、全部裏返しのままで。

お風呂場で脱いだ服は目の前のかごに入れますが、ショートパンツとレギンスとパンツが全部一緒になって裏返し。

下手すりゃ靴下もついてくる。

これやってみるとわかるんですが、裏返しになったレギンスからパンツを外すのって本当にめんどくさいんです。

娘の脱いだ服は2つのセットしかないんです。

ショートパンツとレギンスとパンツが一体化したワンセットと、セーターと長袖と肌着が一体化したワンセット。

私「ちょっとーこれ全部はずして裏返しなの直してよ」

娘「でもこのほうが両手で一気に持てて運びやすいよ」

………。

そうじゃねぇ!!!

このままうっかり洗濯しちゃったら、干すとき冷たいんだよ!

いま幼児を子育て中のみなさん。

洋服は脱いだら裏返しなのを直してから洗いかごに片付けることを習慣化させるなら今ですよ!

小学生になってからでは完全に手遅れです。

いっそそのまま洗ってしまってやろうかと思っても、結局それを着るときに時間がかかってイライラするのはこっちだと思うとできませんよ!

洗いやすいように、干しやすいように、片付けやすいように、きちんとお手伝いさせましょう!

3.最終的に

いいですか、何度でも言いますよ。

どんなに面倒でも、物心つかないうちから必ずお手伝いさせましょう!

これはお手伝いじゃないしな…と思うことでも、後々親が楽になるための作業であれば、それはすべて「お手伝い」です。

出したものは片付ける、脱いだ服を洗いかごに入れる、裏返しに脱いだ服をもとに戻す、普段の生活をキチンと出来るようにさせることもお手伝いのうちですよ!

私のようにならないように、いまこの瞬間から頑張ってください!

ママ友付き合いって大変ですよね・・・記事はこちら!!
ママ友いなくてポツンでも気にするな!!この思考1つでストレスフリーに!!

Sponsored Links

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ