洋裁をもっと上達させたい人へ!!私が上達できたのは4つのアレだった・・・

洋裁上達1

洋裁をしてみたいけど、何からやったらいいかわからない。なかなか上達しない。

などなど洋裁をし始めると必ずぶち当たる壁があると思います。

私は、趣味でよく洋裁をしています。

可愛いプリント生地を使いたいときは雑貨を作ったり、たまには簡単な洋服も作っています。

・・・が、今までの失敗は数知れず・・・。

どれだけの記事をムダにしたことやら・・・・。

でもその失敗のおかげで私は少しずつ上達してきました。

今ではお裁縫をすることが楽しいです!

じゃあお裁縫を上達させる方法って何なの?って思いますよね?

それは基本に戻ってみるとわかるのです・・・・

いきなり本番縫いしない

縫いなれていないものを作る場合は、材質が似た生地で練習縫いをしてみるといいと思います。

早く仕上げたいので、すぐに縫いたいですが、縫いなれていないと失敗します。

テキストなどを見ながら進めているとどうしても、最初は手順を間違えたり縫い代を取り抜かったり、生地の裏表の合わせ方を間違えて縫ってしまうなど、いろんな間違いが出てきます。

間違えて解くときに生地に傷をつけたり、破ってしまったりなんてこともあります。

そんな悲しいことになっていやになってしまわないよう、まずは練習縫いをしてみましょう。

また、洋服の場合は、しつけ糸で仮縫いをして体にあわせてみましょう。

計算通りや型紙通りに縫っていても自分の体に合わせるとずれている場合や、しつけの位置を間違っていたりすることがあります。

生地を裁ったらすぐにでも縫いたいと思いますが、一度身体に合わせることで、出来上がりのイメージがわかるし、そこで間違いを修正できることもありますので、仮縫いは抜かしてはいけない手順だと思います。

そういう私はそれを抜かしていきなり本縫いをして、解いて直したことが何度かあります。

縫い方の基本を細かく掲載されています。(動画もあり)

USAKOの洋裁工房

http://yousai.net/index.htm

洋裁上達2

トートバッグってすぐボロボロになっちゃう・・・それを解決する方法はこちら
手作りトートバッグを簡単に補強するには??可愛く丈夫にする3つの方法

印をきちんとつける

生地に型紙を写すときにはチャコペーパーや、切じつけなど付け方はいろいろあります。

切じつけは切るのが面倒だったり、切るときに二枚の生地を開きすぎて糸を抜いてしまったり、慣れるまでは扱いづらいです。

また、チャコペーパーは切じつけに比べてやりやすいと思いますが材質によって消えにくい場合がありますので注意が必要です。

それに、ヘラやルレットをきつく押し付けると生地が弱い場合は、痛めてしまう場合もありますので気を付けなくてはいけません。

型紙を写すのは地味で面倒な作業で私も好きではありませんが、これを丁寧にやるかどうかで仕上がりは違ってきます。

きちんとしつけを付けるためにも、生地を重ねるときは真っすぐ地を整えて重ね、型紙を置きましょう。

しつけやアイロンをこまめにする

小物の場合でも、まち針で簡単に留めて縫うよりは、しつけをした方が縫いやすいです。

ミシンで縫い進むときの生地のずれがありません。

まち針をつけてちゃちゃっと縫いたいですよね。

でも仕上がりがほんとに違います。

もしも、生地がずれたら縫い直しですよね。

その手間を考えると、しつけ縫いの手間をかけたほうが早くできあがります。

かなり縫いなれたセミプロ以上ならまだしも、まだ、あまり縫い慣れていない場合なら、ミシンで本縫いする前に特にカーブの多いところなどはしつけをして縫った方がいいです。

そして、縫った後はこまめにアイロンを。

きちんとアイロンをかけながら縫うことでその後も縫いやすくなるし、きれいに出来上がります。

小さな手間が後々の出来に響きます。

基礎的な縫い方集の本を買う

洋服の作り方の本を買っても、細かい基礎的な縫い方までは載っていないことが多いです。

順番に縫っていっても、細かなところで「これはどう縫うの?」と思うようなことが初心者向けと書いてあってもそういうことがあります。

なので、洋裁の用語なども載った基礎的な縫い方の本を1冊は買っておいた方がいいと思います。

そして、練習用布でいくつか基本的な縫い方を縫ってみること書いてあることがどういうことなのか実際やってみることで理解できると思います。

まとめ

  • 練習用の布で一度縫ってみる。
  • 印をきちんとつける。
  • しつけやアイロンをこまめにする。
  • 基本的な縫い方の本を買う。

洋裁はでき上がりの楽しみもありますが、作る工程もぜひ楽しんで一つひとつを丁寧に作っていくことで完成品の満足度が違うと思います。

私がした数々の失敗の原因は完成を急いだこと。これに尽きます。

洋裁初心者におすすめなのはコレ!!
裁縫初心者は教室に習いに行くべき!!教室選びの3つのポイントとは??

Sponsored Links

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ