失敗したくないチャイルドシート選び、どれがいいのかお教えします!!

チャイルドシート1

近頃は赤ちゃんを迎えるために用意するものと言えばチャイルドシートはマストアイテムですよね。

産婦人科でも「きちんと用意しましょうね!」とポスターなどが貼られているのを目にします。

ただ・・・悩みます。

だって何度も買い替えるようなものでもないし、それなりにお値段も張るじゃないですか!

赤ちゃんを迎える準備の中で単品に対する金額としては1位、2位を争うシロモノ。

できれば失敗はしたくないもの。

どんなものがいいのかな?

どうやって選ぶと選びやすいのかな?

通気性とかクッションとか、私が座るものじゃないからよく分かんないよ…

私も正直「どうする?」と主人と話をしつつ高額なので先延ばしにしていたタチです。

しかし現在、我が家にはジュニアシートも入れて5台ものチャイルドシートが(笑)

うちにあるタイプのチャイルドシートの使用した感想。日ごろ座っている子供たちの様子などをお伝えしますね!

1.チャイルドシートを買いに行こう!

チャイルドシート2

私の家は田舎です。

買い物の足もちょっとした移動も大体何をするのも全て車!と言っていいほどの立地なのでチャイルドシートは絶対に必要不可欠でした。

けれど出産準備品として揃えるものの中で最後まで購入できなかったのがコレでした。

赤ちゃん本舗や西松屋などを回って実物を見てみるも、種類は多いしそれぞれの違いとかもよく分からなければ、値段の幅も色々。

店頭に置いてあるチャイルドシート選びのリーフレットを見ても「一体どれがいいんだ…」と謎は深まるばかり。

お洋服を試着するように「ちょっと試してみましょう!」はできないし、そもそも私が乗るものでもないし…

半ば考えるのを投げ出していたところへ新生児専用チャイルドシートのお古を借りることができたので問題はもっと先延ばしにされることになりました(笑)

購入にあたって漠然と考えていたことは“設置が簡単なこと”と“値段が安ければいいなぁ~”ということくらいだったかな。

できれば安心のメーカーを…とも思っていたのですが、それを言い出すと値段が合わなくなってしまうので、そこは第三希望程度でおさめておきました。

乗せやすさとかは実際に乗せてみないと分からないものなので後回し。

当時の私は子供を抱っこしたこともありませんでしたからシミュレーションしようにも真っ白なのでやりようもありませんでした。

お父さんとお母さんがチャイルドシート問題を先延ばしにいている間に長兄くんは元気に誕生!

幸か不幸か彼の成長はゆっくりで、大きさとしては“標準の小ぶりちゃん”だったために借りていた新生児専用チャイルドシートで3,4か月を過ごすことができました。

そもそもそれまでは赤ちゃんの小ささに私がビビってほとんどお出かけもしなかった、というのもあるんですけどね。

しかしそろそろそのチャイルドシートも手狭になってきたなぁと思った頃、たまたま歩いていたお店の中で超特価のチャイルドシートに出会いました!

商品入れ替えのために半額以下になっていたのかな。

それを見つけて、私ではなく主人が飛びつきました(笑)

そしてくまなくチェック!

B品ではないか → Not B品!

取り付け方法はどうか → 難しくもなさそうだ!

新生児も乗せられるか → 乗せられるらしいぞ!兄弟できても大丈夫!

メーカーはどこか → コンビだぁーー!やったぁ~!

今まで漠然と考えていた“高くないチャイルドシートがいい”という条件はバッチリクリアしたことに加えメーカーも有名どころということもあり、即決で我が家にお迎えすることにしました。

早速、長兄くんを乗せてみると今まで乗っていたシートに比べて広くなったせいか、足をピコピコさせてなんだか嬉しそう。

今度はハーネスタイプのベルトも付いていたので乗せた私たちも今まで以上の安心感を得られてみんながハッピーなお買い物ができました。

そしてもっとハッピーだったのは、チャイルドシート購入に際し市から補助金が出たこと!

3,000円でしたがあるのとないのとでは大違い!!

いいものが安く変えたと大満足でした。

子供の後追いに悩むあなたへ!
可愛いけど大変…子供の後追い。追う側と追われる側の心理って?

2.我が家で活躍中のチャイルドシート。口コミしちゃいます

チャイルドシート3

我が家には超特価でゲットしたコンビのチャイルドシートと知人から頂いたリーマンのパミオがあります。

うちは車が二台あるので、それぞれの車に常駐させて両方が活躍中です。

そこで使い勝手とチビさんたちが乗った感じを口コミしちゃいますね。

◎コンビ

コンビのチャイルドシートには新生児を乗せることができるインナークッションが付いていたので小さい子にはそちらを~と使ってきました。

長兄くん→次兄くん(新生児から)→姫ちゃん(新生児から)と搭乗者を変えながら今でも現役でお仕事中です。

形状がスリムなのでコンビとジュニアシート2台ならプリウスαの後部座席に3つ並べて置くことができます。

設置も簡単で重さは女でも片手で持ち上げられる程度の重さです。

女の私でもささっと持ち出して、簡単に設置できますよ。

新生児の後ろ向きから使って、前向き+ハーネスベルト、その次にはハーネスベルトを外して普通のシートベルトで固定してジュニアシートとしても使える息の長いタイプですね。

形状はスリムですが決して窮屈でもない様子。

乗り心地も悪くないようでうちの三兄妹はどの子もぐずることなくきちんと座ってくれました。

ハーネスベルトの位置を調整しながら長兄くんは2歳半くらいまで乗っていましたが彼はこの椅子でのロングドライブが大好きでしたよ。

◎リーマン(パミオ)
リーマンのパミオも新生児用のインナークッションが元々はあったようなのですが、どうも行方不明だったらしくうちに来た時には椅子だけでした。

見た感じは座るところがゆったりめ。

お尻がすっぽりと入る感じで、いい具合にフィットしています。

車への取り付け方も簡単です。

取り付けだけで言えばコンビよりこちらの方が簡単ですね。

背もたれの後ろにベルトを通してカチッとするだけ!

そう、こんな風に↓

重さもすっぽりゆとりがあるタイプの割に重くもなくこちらも片手でひょいっと持ち運べます。

うちは寝た子をチャイルドシートから降ろすと必ず起きてしまうので、パミオに乗っているときに寝た子はチャイルドシートごと車から降ろしてお家の中へ搬入します(笑)

さすがに男手があるときだけですけどね。

私ではチャイルドシートの幅を抱えながら、シートの重さプラス子供の体重は抱えきれないので。

まとめ

  1. たくさんリサーチしなくても漠然とした条件が1つ2つあればライフスタイルにマッチしたものが見つかりますよ
  2. よく売れているものを購入すれば「住めば都理論」で使っていると生活に馴染みます

季節もよくなってきました。

桜や、新緑、空に泳ぐこいのぼりを探してベビーちゃんたちをお気に入りのチャイルドシートに乗せて、たくさんお出かけしたいですね!

いい育脳本って何?悩むあなたへ!
育脳本5選!赤ちゃんも興味津々!?私が勧める大人も気になる本

Sponsored Links

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ