宝塚ファンのマナーは厳しいのか!? 徹底検証宝塚ファンのおきて

宝塚ファンマナー1

宝塚歌劇団は夢の世界。

男役は本物の男性以上の超イケメンばかりだし舞台は豪華絢爛、大階段は圧巻の迫力、銀橋と呼ばれる橋はスターが通るとドキドキしっぱなし・・・。

女性とはわかっているものの、本気でときめいたりキュンとしたり、宝塚侮りがたしです!

また一度は言われてみたい!と思うセリフをさらっと言ってくれるのも宝塚♪

そんな宝塚に10年以上ときめいて今の私がいます・・・(笑)。

しかし、宝塚は敷居が高い!

ファンもなんだかすごいし、マナーとかおきてとかうるさそうでちょっと気が引ける・・・。

宝塚のルールが独特すぎてハマるのが怖い!

宝塚もかなり認知されているとはいえまだまだそういうイメージが強いらしいですね。

こっち側から見ればこんな楽しい世界ないのに・・・という感じですが今でもマナーには厳しいところ、あるかも?

慣れちゃってそれが常識になっているところが私にもあるかもしれません(笑)

そこで、改めて「外の世界とはちょっと違うな?」と思うことを私なりに徹底検証してみました。

でも入っちゃえば住めば都で、ちょっと気を付けるだけで気おくれすることはありません。

ちょっと頭に入れるだけで友達もできるし楽しい宝塚ライフが待っていますよ!

SNSには気を付けて!
こんな時代だからできた最新ルール

宝塚劇団員(以下タカラジェンヌ)とファンはかなり距離が近いです。

一般人と芸能人の間くらいの位置づけで直接話したりもできますし、ファンレターも直接渡すこともできます。

そんな中で最近問題になっているのはSNS関係。

なにより問題になっているのは「写真」ですね。

基本劇団側も禁止していますが、自分の撮った入出写真をSNS、主にツイッターやブログで上げている人は多数。

タカラジェンヌも劇団に専属されているので、肖像権違反です。

個人で楽しむのは許可されているので、あくまで個人で楽しんでSNSにアップするのは禁止です。

私の友人は「お礼状」と呼ばれるファンレターなどのお返しでタカラジェンヌさんからポストカードが家に届くことがあるのですが、それをうっかりFacebookにアップするや袋叩きに合っていたことがあります・・・。

嬉しくて載せちゃった気持ちはわかりますが、お礼状はタカラジェンヌからの大切な「いつも応援してくれてありがとう」という気持ちです。

個人で楽しんで自分の好きなタカラジェンヌと交流してくださいね。

私設ファンクラブはルールの巣窟!
「他の人がやっていないことはやってはダメ」で学べ

宝塚ファンマナー2

宝塚は「知らなかったんです、すみません」では許されないところがあります。

例えば2ショット写真を頼むとか、道端でサインを強要したりは絶対NGです。

特に応援したいスターさんが現れるとファンクラブに入りたい!と思いもふつふつと沸いてきますよね。

このファンクラブとは、実は歌劇団は認めていません。

あくまで私設の非公式のファンクラブです(会と呼びます)。

この会に入るとメリットもたくさんありますが、逆に窮屈に感じることもあるかもしれません。

メリットはその生徒さんの公演のチケットを優先的に買えたりお茶会と呼ばれるファンミーティングに参加できたり・・・同じタカラジェンヌを応援する友達もできたりするし楽しいですが、この宝塚の「会」は厳しいことでも有名。

特に番手がついているスターの会はそれなりに厳しくないとファンの暴走を止めるために会というストッパーが必要なのです。

入るときはいったん冷静になってよく考えることをオススメします。

写真を撮ってはならない、ほかのタカラジェンヌさんの会には入ってはならない・・・。

「これ大丈夫かな」と思う行動をするときは周りをよく見てください。

でも、会に入ったから新しい友達ができたり好きなおしゃべりできたり・・・ルールを守れば宝塚ファンライフが数倍は楽しくなるので、最低限のことを守ればますます宝塚の虜になるはずです!

まとめ

  • SNSには要注意!こんな時代だから守っておきたい「肖像権」
  • ファンクラブでますます楽しい宝塚ライフ♪周りを冷静に見て判断せよ!

難しいことを書いてしまったかもしれませんが、宝塚を楽しんでほしいからこそのルールです。

こうやって書くとやっぱり厳しいな・・・と思うかもしれませんが実際に「応援しているタカラジェンヌに迷惑をかけない」という人として最低限のルールを守れば大丈夫♪

劇場にいったん行けばそこは夢の世界。

難しく考えず、楽しんだもの勝ちです!ぜひ劇場に足をお運びください★

宝塚でペンライトって使ってOK?記事はこちら!
宝塚のペンライトは夢の入口! ペンライトで宝塚式ライブを楽しもう

Sponsored Links

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ