手帳グッズを便利に使うには?私はこの使い方で管理上手になった!!

手帳1

忙しい毎日の管理や、後で見る記録のために手帳は欠かせないものです。

私はスマートフォンで管理もしていますが、やっぱり手帳は必需品です。

手帳には、シールを貼ったりマスキングテープでオリジナル感を出したり、いろいろできますよね。

手帳に併せてつかう便利なグッズや文具がたくさん出ているので私は、文具店ではついつい長居をしてしまいます。

最近いろいろと忙しくなってきたので備忘録として、目標管理や記録として使える工夫をしています。

そんなときに使う便利な手帳やグッズを紹介します。

必要に応じて手帳を使い分ける

私は、メインの手帳とサブ手帳、それとグーグルカレンダーを使います。

メインの手帳はマンスリーとウイークリーが分かれてあるものを使います。

マンスリーには月ごとの予定を記入し、ウイークリーには記録を記入するようにしています。

つまりマンスリーには未来、ウイークリーには過去を書いています。

マンスリーには記入があるけど、ウイークリーが未記入のままだな~。なんてことありませんか?

こうやって使い分けることで、見返すこともできるし管理もしやすくなります。

サブ手帳は、朝活手帳を使っています。

朝に予定を入れたり、目標を書いたり資格試験へ向けての予定を書いたり、体調管理などを書いています。

週に一度は予定や体調の記録をします。

プライベートが中心ですが、そこから、重要なことはメインの手帳へ転記します。

グーグルカレンダーへも予定を入れておき、出先で予定を確認したりするのに役立てています。

グーグルカレンダーはパソコンでもスマートフォンでも使えるところがとても便利です。

手帳2

プライベートは見やすくカラフルに

私は、マンスリーは開けたところを人に見られる可能性もあるので、重要度に応じて色分けをしている程度ですが、ウイーリーはシールを使ったり色ペンを使ったりして、楽しんでいます。

ウイークリーは横軸が曜日、縦軸が時間になっているものを選んでいます。

タイムスケジュールに沿って縦に書く方が書きやすいです。

また、簡単な日記やその日使った金額も書いて、家計簿の補助的なものにも使っています。

記入は4色(黒・青・赤・緑)プラス1(シャープペンシル)のジェットストリームペンを使っています。

1本で色が多いのに、軸が大きすぎず気に入っています。

サブ手帳は、さらに予定も書きますが目標を達成できたかどうか、そのときの体調や気分なども記録し、天気などもかくこともあります。

手帳3

小さな文具を携帯し手帳を更に便利に

ペンケースはバッグで邪魔にならない程度のシンプルな細いものを使っています。

でも、その中には、蛍光ペン1本、4色プラス1のジェットストリーム1本、折り畳みハサミ、ミニテープのり、消しゴム、折り畳みスケールなど、一通り入っています。

特に便利なのは、テープのりです。

レシートや記入したメモを手帳に貼っておきたいときに使います。

消しゴムもMONO消しゴムですが、最近ノートの行の幅に合わせた薄いタイプが売られていたので、購入しました。

幅にあっているので、上下の行を気にせず消せるので気に入っています。

また、フセンは最近種類がさらに多くなってきて文具屋さんに寄りたくなる理由の一つになっています。

極小なものはマンスリーに貼って印にできるし、半透明でメモして貼っておけるものも便利です。

フセンがついている台紙を手帳の裏表紙にはっておいて、いつでも貼れるようにしています。

まとめ

  • 手帳は使い分けて仕事とプライベートの管理もすっきりと
  • ウイークリーはカラフルに楽しくして空白をなくす
  • ミニ文具を携帯して手帳を更に便利に使う

予定をきちんと立てることでスキマ時間ができます。

手帳には、5分あればできること10分あればできること、30分、60分とメモを貼っておくと時間を有効に使うことができます。

100均一の材料を使ってリースを手作り!
リースを100均の商品で作れる? 商品選びのポイントをご紹介!

Sponsored Links

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ